日本株には全て4ケタの証券コードが設定されています。証券コードにはある程度、規則性があって知っていると憶えやすくなります。頭ふたケタが業種を表していて、2000番台が食品、7000番台が自動車・輸送機器といった具合です。

例えば食品だと、

2501 サッポロ
2502 アサヒグループ
2503 キリン

2801 キッコーマン
2802 味の素
2804 ブルドックソース

こんな具合です。食品などは銘柄数が多くてビールだとか調味料だとかカテゴリが分けやすいのか、比較的規則的ですが例外もあるのであくまで参考です。ひとケタ番号はその業種を代表する企業が多いですね。

2803が無いのはおそらく使用済みの廃番だと思います。そう、証券コードは使い切りで再利用はしないルールになっています。アメリカなどのアルファベットを使ったティッカーシンボルは再利用可だそうですが。

だったら四ケタのコードでは将来、数字が足りなくなるのでは?と思いますが、実際すでに足りなくなってきていて最近の新規上場企業はあまり業種に関係無く2000番台から4000番台、特に3000番台のコードが多く割り当てられて業種の法則が崩れてきています。

証券コード評議会の公式ページを見ると、設定可能な残コード数はあと2000いくつしかないようです。その為、方針として今後アルファベットを組み入れる事がすでに決定しています。システム的な対応の為周知の期間が必要なので、すぐに実施される訳では無いようですが。



ここからお役立ち情報ですが、証券コードからカンタンに企業名を入力したり、企業名から証券コードを入力する方法があります。

使用しているPCの日本語入力システム(Microsoft IMEやATOK)にシステム辞書を追加するのがその方法ですが、騰落レシオ情報で有名なサイト「NOTEAREA」さんの所にMicrosoft IME用の辞書データがあります。ありがたい事に最新データの更新が続いているので新規上場したばかりの企業にも対応しています。

ATOK派の人はどうするのかというと、以前は「会社四季報 企業名変換辞書 for ATOK」という製品があったのですが販売終了になっています。それで、調べてみたらこんなのがありました。

ATK35 リクエスト辞書選抜総選挙 for Windows

8位に「企業名←→証券コード辞書」がランクインしているのですが、作成してプレゼントする対象は3位までなので対象外です。ATOK派の人はもはや諦めるしかないのでしょうか。

気を取り直して「NOTEAREA」さんの証券コード辞書の使い方ですが、例えば「さっぽろ」と入力すると、変換候補が、

sapporo.png

こんな感じになってある種の人にとっては超便利です。逆に2501から変換しても正式名と短縮名が両方出るので使えます。

面白いのは、「キヤノン(正式名称)」でも「キャノン」でも、「キユーピー(正式名称)」でも「キューピー」でもどちらも変換できる事ですね。証券コード辞書を使用すれば株ブログを書いていて企業名を間違えて恥をかくといった事もなくなります。

医学辞書2017 for ATOK 通常版



↑高くてもこういう専門辞書は需要があるんでしょうね、なるほど。無料の辞書はありがたく使わせていただきましょう。このブログ作成にも証券コード辞書は欠かせないものになっています。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
タグ