月曜日は映画館で映画を観てきました。早期リタイアしたら平日に時間ができるので、レジャー施設は平日、特に月曜日に行った方がトクなんですよね、空いてますし。

月曜日は消費が落ち込むので、レジャー施設はどこも割引をしています。映画館とか、飲食店もそうですね。だから消費を喚起したいならプレミアムフライデーとか言ってないで、月曜を早引けする日にすればいいんですよ。

関連記事:「ここがダメだよプレミアムフライデー」と代替案


映画館の料金は全国でほぼ統一されていて、大人が1800円か1700円、子供が1100円か1000円、他に学生などの値段設定がありますがこれが正規料金で、各種の割引制度やサービスデー、レイトショーなどがあるわけです。

平均したらおいくらぐらいかと言うと、

興行場営業の実態と経営改善の方策(厚生労働省)

この資料によると、平均で客一人あたり1250円ですね。子供の比率が高ければ平均単価は下がるので、なんとも言えませんが1800円の上限一杯の正規料金で見ている人は比率としては少ないと思われます。

余談ですが子供むけアニメ映画だと子供の比率が多くなるので客単価は下がる傾向にあります。逆に昨年多かった大人向けのアニメ映画のヒット作が出ると客単価が高めに出ます。どっちにしても子供向けアニメで客席を埋めると客単価が低いので映画館としてはあとはいかにポップコーンとグッズを売るかの勝負です。この2つは利益率が高いんです。

資料によると日本の年間映画館入場者数は1億数千万人で、ひとり当たりで1回は観ている事になります。でも、実は年に一回も映画館に行かない人の方が多いんですよ。私も早期リタイア前は映画館でわざわざ映画を観ることは少なかった気がします。実際は少数派のヘビーユーザーが入場者数を底上げしてるんですよね。



映画を安く見る方法として、次のようなものがあります。

1 各種割引を使う
割引制度はクーポン券であったり、インターネット予約であったり、会員になって会員割引を使ったり、様々ですがとにかく言えることは通常は必ずなんらかの割引制度が使えるはずだということです。正規料金の上限で観るのというのはブルジョア的な鑑賞方法です。まあ今時は映画館で映画を観る機会じたいが少ないんですから、年に1回ぐらいなら別に正規料金を気持ちよく払ってもいいかもしれません。

2 サービスデーに見る
クーポン券をちまちま使うより、なんらかのサービスデーに1000円か1100円で観るのが一番てっとりばやいです。客足の一番落ちる月曜日がサービスデーに設定されているケースが多いようです。他にもレディースデーとか、なんらかのサービスデーを一年中やっているはずです。

3 金券ショップで買う
映画館の近くに金券ショップがあれば、そこそこ供給があるはずです。需給の法則に従って、上映日が残り少なく人気の無い、上映映画館の少ない映画であれば値崩れするはずです。

4 株主優待で取得する
桐谷さんコースです。
映画に興味が無いのに優待を取得する→金券ショップの売値が安いので自分で義務的に消化する→いつのまにか映画好き評論家になる、という桐谷さんコースをたどるかもしれません。

早期リタイアするといくらでも映画を観に行く時間は作れますから、料金は安い方がいいですね。ヘビーユーザー向けに安くして欲しい。

しかし、ここまで書いておいてなんですが、最近は高くてもいいかと思い直しています。近年の映画館は自宅での映画鑑賞に対抗して付加価値を付ける方向、アミューズメント的な進化をしています。体感型の4DXなどは、前後左右や上下に動く可動シートや水や風、香り、フラッシュなどの特殊エフェクトがあります。

最初は子供だましだと思っていたのですが、シートの動きや特殊エフェクトはかなり個々の映画に合わせて演出タイミングが計算されていて、映画によっては凄いものもあります。プラス1000円ぐらいになりますが、こういうのにおカネを払う層を掴む為には料金を安くして客を増やすというデフレ思考より、もっと設備投資してそこそこの料金を取る方向に進化した方がいいかもしれません。

東京映画館 映画とコーヒーのある1日 (キネマ旬報ムック)




関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ