関連コンテンツ

日本で「株主優待」実施企業がめちゃ多い(全体の35%超!)理由

株主優待の存在は日本株の投資を複雑にしている要素です。

株主優待が株価や株主構成に与える影響を語ればそれだけで1冊の本になります。

株主優待ガイド 2017年版



当社独自調査では、9月末時点で株主優待実施企業数は1,307社と調査開始以来、初めて1,300社を超えました。また、実施率も上場企業3,685社のうち35.5%となり過去最高となっています。

株主優待ガイドの販売について(大和インベスター・リレーションズ株式会社)


株主優待実施企業が全上場銘柄の35%を超えるとあっては、とても無視できる数字ではありません。特に特定の業種の日本株を語るのに株主優待は避けて通れません。

この本によると「小売業」と「水産・農林業、食料品」では8割に迫る企業が株主優待を実施しています。

恐るべき数字です。

これらの業種は自社製品や自社サービスを優待品にしやすいので、優待制度を採用するのは比較的自然にみえます。

問題なのは一般株主に対して提供する優待品が特にない業種です。
こうした企業はクオカードやギフトカード、お米券などの金券類を優待品にしている所が多いです。それかお米の現物そのものとかですね。江戸時代ですか。


なぜここまでして上場企業は株主優待を実施する必要があるのでしょうか?

株主優待の導入企業、1113社で過去最高 野村IR調べ (日経新聞)

野村IRが実施した「優待企業アンケート(2014年版)」によれば、企業は「個人株主の増加」(66.5%)や「株主の長期保有促進」(65.2%)に加え、「株価の上昇」(16.3%)も優待実施の主な目的に挙げた。


「株価の上昇」は副次的なものと考えると、企業が株主優待を実施するのは「個人株主の増加」と「株主の長期保有促進」が大きな動機になっています。

これはつまり企業側は安定株主を求めているという事です。
それも頭数だけ多い、優待だけ出していれば文句を言わない大量の個人投資家を求めています。

かつての日本で安定株主と言えば、企業のメインバンクや相互に取引のある企業であったり、生命保険などの国内機関投資家でした。

1990年代のバブル崩壊後の時代に入ると持ち合い解消売りによりこうした牧歌的な時代は終わりを告げ、外国人投資家の影響力が急速に拡大しました。

外国人投資家にしてみれば日本人同士の馴れ合いはどうでもよく、求めるのはROEや配当性向といった数字でしかありません。企業にとってはうるさい存在の「物言う株主」です。

うるさいだけならともかく、外国人投資家の比率が高まってくると外資による企業買収の懸念もでてきます。
乗っ取られたくなければ業績を上げて株主還元(増配と自社株買い)を積極的に行い、株価を上げればよいのですが、なぜか株主優待を始めようというハナシが流行り出しました。


kigyou.png

安田さんの言う通りですよ。


企業側にとっては株主優待制度によって個人株主を増やすのは、企業買収を防ぐ防衛策としての意味が大きいのです。


ちなみに、日本企業が外資に買収されるとどうなるかは、ヤマゲンさんが10年前にこんな事を言ってますね。
日本企業が、外国企業に買収されるとどうなるか



株主優待を楽しむ優待ファンにむかって、あんまり厳しい事を言うのは心苦しいのですが、こうした背景があるのは事実です。

個人投資家の地位向上のためにも、優待ファンの人は企業側にとって都合の良いだけの株主にはならず、企業の経営をちゃんと注視する必要があります。

株主には株主責任があるのだから、コーポレートガバナンスを意識する必要があります。
用語は難しいですが、別に難しく考える必要はありません。
もし株主優待がなくてもその企業の株を買うかどうか、という事を考えてみるだけです。
優待利回りなんて用語じたいがおかしいのです。


色々とうるさいこと(というかキレイごと)を書きましたが、とにかく株主優待の存在は純投資にとっては不純な要素なので株主優待実施企業はどうしても敬遠してしまいますね。
世界の投資家、国際的な資金もそう思っているのではないでしょうか。国際的な資金が入ってこないマーケットは先細りするしかありません。


銀と金 文庫全8巻 完結セット (双葉文庫―名作シリーズ)




銀と金 DVD BOX




関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ


コメント

No title
クオカードで釣って株主増やして、
東一に指定替えした途端にあまり役に立たない自社製品に優待品を替えたりする企業があったり。露骨すぎて笑えました。
良いように利用されてるんですよね、優待目当ての個人投資家は。
みんな目を覚ますんだ!って言いたいです。
Re: No title
> クオカードで釣って株主増やして、
> 東一に指定替えした途端にあまり役に立たない自社製品に優待品を替えたりする企業があったり。露骨すぎて笑えました。
> 良いように利用されてるんですよね、優待目当ての個人投資家は。
> みんな目を覚ますんだ!って言いたいです。

でしょう。全部が全部そうだとは言いませんが、すごく露骨なところはありますね。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント