関連コンテンツ

金持ちセミリタイアと貧乏セミリタイア

私は「金持ち父さん貧乏父さん」という本を読んだ事が無いのですが、多分こういう本なんだろうな~と勝手に想像しています。

ほら、見た事ないけど有名なアニメや漫画やドラマで、有名なので勝手に情報が耳に入ってきてしまって、なんとなく見た気になってる事ってありませんか?

「ああ、あのマルチの教材に使われてる本ね」という偏見で脳内処理しているのですが、たぶん偏見ではあってもそう内容的にはずれていないでしょう。キャッシュフローがどうとか聞いたことがありますし。


支出を収入が上回ったら貯蓄ができます。

貯蓄を資本と言い換える事もできます。

資本を効率的に運用すると資本が増えます。
増えた資本からあがる利益が支出(生活費)を上回るようになると、資本の増大は加速します。

資本の増大が加速すると、そのうち自分が働かなくてもい状態になります。
これが金持ちセミリタイア。


貧乏セミリタイアは貧乏とはいえセミリタイアという以上、ある程度は自分が働かなくても生活できるだけの資本はあるはずです。

では何が貧乏かというと、資本はあるものの、どこかのタイミングで資本の増大が止まっている。
あるいは将来的に資本が漸減していく事があらかじめ分かっているという事でしょう。



読んだことはありませんが、たぶん金持ち父さんでは貧乏セミリタイアは奨めていないと思います。たぶんですが。

私は別にどっちでも良いと思います。

貧乏セミリタイアでも金持ちセミリタイアでも、要は自分で自分の人生をコントロールできているかどうかです。
人生の主導権さえ手放さなければ貧乏だろうと金持ちだろうと大した問題ではないのかもしれません。

しつこいですが、私は「金持ち父さん貧乏父さん」を読まずにこの記事を書いています。内容が見当はずれでもかまいません。むしろ見当はずれの方が面白いのですが……

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)



関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ


コメント

No title
大体そんな内容だったと思います。

うろ覚えですが、キャッシュフローを生む資産を持てとか、それが彼の場合は不動産だったとか、多かったのはそんな内容だったかな。
http://manekinekonomigite.blog.fc2.com/blog-entry-130.html
自分で読んで記事書いてました・・・


No title
さいもんさま、こういう質の高い記事は読んでてたいへん勉強になります。

ついでなので村上春樹さんの「騎士団長殺し」をもしお読みでないなら、
たぶんこういう本なんだろうな~というのを記事にして頂けませんか?

もし既にお読みでしたら「1Q84」でお願いします。
Re: No title
> 大体そんな内容だったと思います。
>
> うろ覚えですが、キャッシュフローを生む資産を持てとか、それが彼の場合は不動産だったとか、多かったのはそんな内容だったかな。
> http://manekinekonomigite.blog.fc2.com/blog-entry-130.html
> 自分で読んで記事書いてました・・・

大体そんな内容ですか。ちょっと残念ですね。
Re: No title
> さいもんさま、こういう質の高い記事は読んでてたいへん勉強になります。
>
> ついでなので村上春樹さんの「騎士団長殺し」をもしお読みでないなら、
> たぶんこういう本なんだろうな~というのを記事にして頂けませんか?
>
> もし既にお読みでしたら「1Q84」でお願いします。

ハードルを上げないで下さい( ノД`)
No title
いつも楽しく読んでいます。

大変ウケました。なぜ読んだことのない本の記事を書こうと思ったのかが気になります。
Re: No title
> いつも楽しく読んでいます。
>
> 大変ウケました。なぜ読んだことのない本の記事を書こうと思ったのかが気になります。

逆に今さらこの本の記事をまともに書く自信が無いのです。もう一生読みません。
No title
金持ちセミリタイアと貧乏セミリタイアですか。
資産の利金をのみで生活して資産が増えも減りもしないセミリタイアは
庶民セミリタイアって所でしょうか。

わたしも貧乏セミリタイアを目指して、金持ちセミリタイアは最初からあきらめてましたが、さいもんさんの言うように資産額が5000万を超えたあたりから、何とか減らさない方法はないかと、考え方が変わるようになってきました。
Re: No title
> 金持ちセミリタイアと貧乏セミリタイアですか。
> 資産の利金をのみで生活して資産が増えも減りもしないセミリタイアは
> 庶民セミリタイアって所でしょうか。
>
> わたしも貧乏セミリタイアを目指して、金持ちセミリタイアは最初からあきらめてましたが、さいもんさんの言うように資産額が5000万を超えたあたりから、何とか減らさない方法はないかと、考え方が変わるようになってきました。

5000万は準富裕層であって、パンダックさんがどう感じようが金持ちです。庶民ではありません。たぶん金持ち父さんにもそんな事が書いてあるはず。
金持ち父さん貧乏父さん
さいもんさんのブログ
いつも楽しみに拝見しています。
また、大変勉強になります。

この本よんで金持ちになる人は
なかなかいないと思いますが

というか、1000円前後ぐらいは
確実に貧乏人になると思います。

書いてる作者だけは
金持ちになると思います。
Re: 金持ち父さん貧乏父さん
> さいもんさんのブログ
> いつも楽しみに拝見しています。
> また、大変勉強になります。
>
> この本よんで金持ちになる人は
> なかなかいないと思いますが
>
> というか、1000円前後ぐらいは
> 確実に貧乏人になると思います。
>
> 書いてる作者だけは
> 金持ちになると思います。

著者はトランプ大統領と仲良しなぐらい大金持ちだそうです。本は読んでないのにそんな情報ばかり入ってきて困ります。
無茶苦茶書きすぎでしょう(笑)

「ちゃんと本は読んでから感想を書きましょう」
次のブログのコメント返信で書かれていた言葉です。

金持ち父さんの認識は大体あっています。
資産が段々と増えると、働かなくて済むようになる。

ただ、続編のキャッシュフロークワドラントに関しては面白い本です。

この本の中では、金持ちであるかどうかは方法論の問題でなく、人間性に関わる事を解説しています。

金持ち父さんは、さいもんさんには不要だと思いますが、キャッシュフロークワドラントは読んで損はないと思いますよ。
Re: タイトルなし
> 無茶苦茶書きすぎでしょう(笑)
>
> 「ちゃんと本は読んでから感想を書きましょう」
> 次のブログのコメント返信で書かれていた言葉です。
>
> 金持ち父さんの認識は大体あっています。
> 資産が段々と増えると、働かなくて済むようになる。
>
> ただ、続編のキャッシュフロークワドラントに関しては面白い本です。
>
> この本の中では、金持ちであるかどうかは方法論の問題でなく、人間性に関わる事を解説しています。
>
> 金持ち父さんは、さいもんさんには不要だと思いますが、キャッシュフロークワドラントは読んで損はないと思いますよ。

そうそう、金持ち父さんって続編というか派生本があって、どれから読んでいいか分からないから敬遠するんですよね。まあ機会があったら読んでみます。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント