私は「金持ち父さん貧乏父さん」という本を読んだ事が無いのですが、多分こういう本なんだろうな~と勝手に想像しています。

ほら、見た事ないけど有名なアニメや漫画やドラマで、有名なので勝手に情報が耳に入ってきてしまって、なんとなく見た気になってる事ってありませんか?

「ああ、あのマルチの教材に使われてる本ね」という偏見で脳内処理しているのですが、たぶん偏見ではあってもそう内容的にはずれていないでしょう。キャッシュフローがどうとか聞いたことがありますし。


支出を収入が上回ったら貯蓄ができます。

貯蓄を資本と言い換える事もできます。

資本を効率的に運用すると資本が増えます。
増えた資本からあがる利益が支出(生活費)を上回るようになると、資本の増大は加速します。

資本の増大が加速すると、そのうち自分が働かなくてもい状態になります。
これが金持ちセミリタイア。


貧乏セミリタイアは貧乏とはいえセミリタイアという以上、ある程度は自分が働かなくても生活できるだけの資本はあるはずです。

では何が貧乏かというと、資本はあるものの、どこかのタイミングで資本の増大が止まっている。
あるいは将来的に資本が漸減していく事があらかじめ分かっているという事でしょう。



読んだことはありませんが、たぶん金持ち父さんでは貧乏セミリタイアは奨めていないと思います。たぶんですが。

私は別にどっちでも良いと思います。

貧乏セミリタイアでも金持ちセミリタイアでも、要は自分で自分の人生をコントロールできているかどうかです。
人生の主導権さえ手放さなければ貧乏だろうと金持ちだろうと大した問題ではないのかもしれません。

しつこいですが、私は「金持ち父さん貧乏父さん」を読まずにこの記事を書いています。内容が見当はずれでもかまいません。むしろ見当はずれの方が面白いのですが……

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)



関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活