関連コンテンツ

「資産1億円ぽっちでリタイアするひとの末路」はどうなるか?



まず玉川陽介氏にインタビューしているのが『宝くじで1億円当たった人の末路』という本を出した鈴木信行(政治家と同姓同名だけど別人)という人なので、その本の販促記事です。そこを踏まえて読んでいきます。

まず「現物不動産はなしですよね。」と言ってるのは、読者層を意識しての事でしょうね。
さすが空気の読める人っぽいです。
不動産を買って経営者になりなさい、と言ったらそこでハナシが終わってしまいますからね(笑)
読者はサラリーマンです。

「できれば投資商品のみ、それも、ETFか投資信託でお願いします。」

うん、しつこいですが読者層を考えたらこうお願いしたい所です。

「1億円のうち3000万円はVXXのショート。残りの7000万円のうち6000万円はPFFもしくはPGXなどハイイールド債のETFに入れます。余った1000万円は、BDC業界最大の銘柄「Ares Capital Corporation」(ARCC)でも加えましょう。」

何を言ってるんだ?と思うでしょうが私も分かりません(笑)
1億円で金融工学を駆使した高度なポートフォリオを組んで、「安全なリタイア」という「無茶」をやろうとすると、ここまで投資のハードルが上がるんだ、という雰囲気だけ分かればいいと思います。
求める期待値が高すぎるんですよね。

だからこのお題なら一億円では無理という結論になる。

投資商品のインカムゲインで食べていく戦略は、一度でも元本が大きく毀損すると回復不能になるリスクがあるんです。それに仮に900万円首尾よく利益が出ても問題があります。今の時代に40~50代で1億円の資産を貯めるには、2000万円以上の年収を何年にも渡って続けなければ難しいと思います。そういう人たちは貯金額も多いですが、消費額も多い。「気分は富裕層」なんです。おそらく900万円程度ではいずれフラストレーションが溜まるはずです。



これも一字一句その通りだと思います。
まあ2000万以上も年収がある人ってどこの世界の人だろうと思いますが、玉川陽介氏はそういう人を見てきてそういう人を相手に商売しているのだろうから間違っていないでしょう。

しかし現実に1億円どころか、それ以下の資産のインカムゲインを中心に早期リタイアしている人は、数は少ないかもしれませんが存在している訳です。

これはどういう事なのか。

セミリタイア、早期リタイアブログを読んでいる人には自明の事ですが、セミリタイア、早期リタイアという生き方は判を押したような画一的な生き方ではなく、むしろひとりひとり違った多様性があるわけです。

「できれば投資商品のみ、それも、ETFか投資信託でお願いします。」とか、
「インカムゲインのみで」とか、
「デイトレードのみで」

とかいった「お題」が無茶ぶりなだけで、やり方はいくらでもあるという事です。

もちろんこの玉川陽介氏のような博識な人からすると稚拙なやり方でしょうが、シンプルなやり方、シンプルな生き方の方が強じんな事があるのはいくらでも例があるでしょう。

『宝くじで1億円当たった人の末路』の方も読んでみようと思います。


不動産投資 1年目の教科書: これから始める人が必ず知りたい80の疑問と答え




プロも驚きの安定・高利回り! 海外ETFとREITで始める インカムゲイン投資の教科書




宝くじで1億円当たった人の末路




関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント