私はセミリタイア、早期リタイアという生き方は社会システムのスキマで生きていく、抜け道的な方法だと思っていたのですが、最近はそうでもないのかな?と考え直しはじめています。

むしろ将来的には主流になるのではないかと。

政府の方針を見ていると、だんだん国民に経済的な自立を促すような方向に向かっています。
高福祉政策を続けると財政がもたないから、そうせざるを得ないという感じでしょうか。

具体的にはまず1億総活躍というような、生涯現役という考え方。

生涯現役という言葉を聞くと、一生働けと言うのか!と反発が先に立つかもしれませんが、これはおそらくサラリーマンの発想で、自営業は生涯現役が当たり前なんですよね。

平均寿命が伸び続けてるのに、60歳できっちり引退してあとは公的年金などの社会保障だけで生きて行こうとするのがむしろ不自然です。

政府は生涯現役と併せて企業に副業を容認させる、推奨する方向に舵を切っていますから、むしろサラリーマン時代から副業をして、50代にはいった頃から後進に道を譲るようにして早期リタイア、あとは副業を本業化して回していった方が良い気がします。

年金を受給できる年齢になれば、年金と副業と貯蓄の3本柱でなんとかなるような。
経済的な自立が目的だから、投資による自分年金づくりも必須ですね。これも政府が政策面でサポートします。
その年齢まで副業できる程度の健康を維持できていれば医療費も減りますね。

政府も健康ゴールド免許などの構想を見ても、高齢者が健康であることへのインセンティブを作ろうとしてます。

高齢者が元気なら医療費も削減できますし、高齢者が副業してはやめにサラリーマンを辞めてくれれば、その分若い人間の雇用も確保できます。

こうして見ると早期リタイアは、社会のお荷物どころかむしろ功労者ですね。

早期リタイアが最も国益にかなう、称賛される生き方になるかもしれません。

そうなったら180度の価値観の転倒になりますが、日本の歴史を見るとそういった極端な価値観の転倒が起きた時期は何回かあります。
思考実験の類ですが、妄想してみるのも面白いです。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活