一人暮らしの20~40代の貯蓄額 年収別の平均値と中央値(ライブドアニュース)

金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査【単身世帯調査】」(2016年)によると、単身者(一人暮らし)の人の平均貯蓄額は822万円、中央値は20万円という結果が出ていました。


金融広報中央委員会の調査とあるので、元データを見てみました。
ついでに二人以上世帯も確認。

数字はここから↓

家計の金融行動に関する世論調査(金融広報中央委員会ウェブサイト)

平成28年(2016年) 家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]

平成28年(2016年) 家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]

の数字です。ただし調査方法が、

家計の金融行動に関する世論調査は、「二人以上世帯」を「訪問と郵送の複合・選択式の調査」により、「単身世帯」を「インターネットモニター調査」により、それぞれ別々に実施し、公表資料を掲載しています。


とそれぞれ異なっています。

ひとり世帯の金融資産非保有(つまり貯蓄ゼロ)が48.1%というのも衝撃的ですね。
ほとんど2人にひとりじゃないですか。
20代の若者だけだろ?と思うかもしれませんが全世代的な傾向です。

調査要綱を見ると単身世帯の方は株式会社日経リサーチに委託したとあります。
ネット調査ですが調査要綱がオープンになっているので、よくある怪しいネット上のアンケートと違って信頼性はありそうです(金融広報中央委員会は日本銀行内に事務局があります)。

全般的に見て単身世帯の方が二人以上世帯より保有金融資産、年収、金融リテラシー意識が低めです。

このブログの「金融リテラシー」カテゴリではよく金融広報中央委員会のデータを参照しているので、日本人全体の金融リテラシーの低さは承知しているのですが……

それにしても、ひとり世帯の金融意識の低さは壊滅的です。
このブログを読んでいるような人には信じられないかもしれませんが、現実はこんな感じ。

ひとり世帯の貯蓄意識が低いのは昔からですが、20年前、10年前と比べて平均年収が下がっているので、消費>収入で貯蓄ゼロ世帯の問題が水面上に浮上してきたんでしょうね。

バブル時代のようなそれほど浪費している人が多いとは思えないのに、貯蓄ゼロ世帯が増えているのは収入が減っているにもかかわらずスマホの通信費など固定支出が増えたからではないかと思います。社会保障費の負担も上っています。

つまり頭を使って生活しないと絶対に資産形成できない時代です。
こういう時代こそ金融リテラシーが重要になってくるはずなんですよね。

現状のままだと貯蓄ゼロ世帯が単身者の多数派になるのも時間の問題なのかもしれません。


貯蓄ゼロでも老後に困らない7つの法則



↑ちなみにこの本はタイトル詐欺です。こういう状況だからこういうタイトルの本が出るんでしょうね。出版社だか編集者はよくリサーチしてますね。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
タグ