一ヶ月ものあいだ四国遍路をしていたので遍路ボケのような状態になっていて、ブログ更新も感覚を取り戻す手探り状態です。

こういう時はお役立ち系というか注意喚起の記事を書けば有意義なのではないかと思って、NISA口座とマイナンバーのハナシです。



2017年9月末までにNISA口座を開設した金融機関にマイナンバーの届け出をしないと、年末にNISA口座が失効してしまいます。

その場合は再度のNISA口座開設手続きが必要になり、マイナンバーの届け出のほかに非課税適用確認書の交付申請書の提出が必要になります。

これは大変なので、NISA口座保有者で手続きがまだの人は9月末までに忘れないようにマイナンバーの届け出をしましょう。


記事によるとNISA口座保有者でマイナンバーの届け出をしている人はまだ半数以下という事なので、このままだと年末には大量の非課税措置失効者が発生する事になります。

NISA口座の稼働率は現時点で6割程度という事なので、気づかずにそのまま失効したままという人も増えそうです。
銀行で投信を買って放置という人も、気付かないうちに失効してそうです。
あと半年もありません。


一方で課税口座の方は2018年末がマイナンバー提出の期限なので、まだ1年半の猶予があります。
課税口座とNISA口座で期限がズレているのが、認識の落とし穴になっているんですね。

制度のツギハギや、財務省、金融庁、あと厚労省など省庁間で連携が取れない為にこういった落とし穴的なズレが生じる事が日本ではよくあるような気がします。

制度のわかりにくさは困ったものですが、注意喚起的に紹介します。


【完全ガイドシリーズ169】 NISA完全ガイド (100%ムックシリーズ)




関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ