1ポイント1円として、1万ポイントと1万円では1万円の方が価値が高い。

これは誰でも分かると思いますが、その理由を全て説明しろと言われると詰まる人が多いのではないかと思います。

多くの人が答えるのはポイントはその店やグループでしか使えないので現金と等価ではない、という当たり前の事です。
確かにこれは非常に大きい。

最近の家電量販店は家電以外にも日用品や食品まで売っているので使い勝手はいいかもしれませんが、やはり現金とは比べられません。


しかし理由として一番大きいのは、ポイントには金利がつかない事です。

無リスク金利が実質ゼロの現在では、直接的には意味が無いかもしれませんが、金利が低下している分は金融資産の値段は上がっているという事なので、運用しなかった分は損失とも考えられます。

結局ポイントを貯めこむという事は、その店にタダでおカネを貸しているのと同じです。
人にタダでおカネを貸す人は居ないと思いますが、何故かこれがポイントに代わると同じ事をして平気な人がいます。

投資家目線では、ポイントは貯めずにすぐ使い切るのが基本、もっと言えばなるべくポイントはいらないし、還元率相当の現金値引きを受けられればそれが一番良いです。

銀行が潰れるよりは家電量販店が潰れる方が可能性はありそうですし、銀行には預金を一定額まで保護するペイオフ制度がありますが、家電量販店のポイントには保護制度は無いですしね。

またポイント還元率は現金値引きに換算すると率が低下します。
感覚的に分かりにくいので数字は暗記するとよいでしょう。

ポイント還元10%は現金値引きだと約9%に相当します。
ポイント還元20%は現金値引き約17%相当。

これを頭に入れて現金値引きを交渉すればいいのですが、仮に交渉で多少ポイント還元より不利になっても現金の価値は高いので、投資家的には現金値引きを選ぶかもしれません。

タダでおカネを貸すなんて業腹ですし、なによりポイントがいくらあっても株は買えません。
家電量販店で株までもが買えるならポイントを貯めますけどね。

ここまで考えると、我ながら重症の投資家脳だなと思いました。

ヨドバシ.com大躍進の舞台裏 ネット通販11社の成功法則 関連サービス260まとめ (インプレスムック)




現金値引きより大量のポイント還元の方を選ぶ人が多数派なのは、人は実質的価値よりポイントでお得という感情に弱いからでしょう。感情に流されず実利を取れるようにするのは習慣づければ誰でもできます。


関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
タグ