先日、岡山県岡山市に自転車旅行に行ってきました。
デミカツ丼を食べに。







岡山県岡山市が移住先に向いている、最強である説の根拠は以下の通りです。

1 都市サイズが適切

岡山市の人口は約70万人。
多すぎず少なすぎず、ちょうどいいと思われる。人口は増加傾向。
中国・四国地方の最大都市は広島市で120万人。
岡山市の隣の倉敷市が人口50万人なので広域都市圏としては広島並みで意外に大きい。

2 気候が温暖で雨が少ない

岡山県岡山の気候(気温と雨量の統計)

ここによると、岡山県岡山市の年間平均気温は16℃で最低気温も1℃程度。
年間降水量は東京の7割程度。
それでいて大きな川が流れているので、渇水の心配は無い。

「晴れの国おかやま」がキャッチフレーズだが、実は年間の日照時間は広島や香川より少ない。
快晴日数は中四国で一番多い。年間降水量は全国で下から3番目。
全国1位なのは降水量1ミリ未満の日で、276.8日もある。

(参考文献:岡山「地理・地名・地図」の謎)

岡山「地理・地名・地図」の謎 (じっぴコンパクト新書)





3 天災リスクが低い

新しい火山が存在せず、主要な活断層が通っていないので全国でも最も地震リスクが低い地域のひとつ。
四国山地と中国山地が障壁になるので台風もそれやすい。
瀬戸内海の奥の真ん中にあるので、沿岸部としては津波の被害想定も少ない。
唯一、川が多いので水害リスクがあるのと、天災が少ない反動で防災意識が低いらしい。

4 交通の便が良い

JR岡山駅は新幹線の全便が停まる。東京・鹿児島までそれぞれ3時間。
四国へのアクセスは瀬戸大橋があるので最も良い。山陰地方へのアクセスも良い。
岡山駅はJRの支線数で言うと東京駅に次ぐ2位であり、交通の結節点にある。


セミリタイア的には気候の良さと天災リスクの低さが魅力的ですね。
移住先で被災したくないですし、早期リタイア後はせっかくヒマがあるので天気が良くないと。
天気が良ければ前向きな気持ちになります。
旅行好きな人にとっては位置的に便利な立地なのもポイント高いです。

まあ実際に住むとなるといろいろあるんでしょうが、現在の所第一候補のひとつです。
私の趣味が自転車なので、寒くなく晴れてないと乗れませんし。

岡山本 (エイムック 2964)




関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活