私は早期リタイアした2014年ごろは、なぜか無職という肩書きにこだわっていました。

「無職で何が悪いんですか。就職しなくても食っていけるんだから、私は誇りを持って無職をやってます。」

という気持ちを、(口には出しませんが)持っていました。


現在は色々と気持ちが変わって、職業を聞かれたら「自営業です」と答えています。

実際、税務署に開業届を出しているのでウソではありません。

まあ、売上はこのブログしか無いので、実質的には無職と何ら変わりは無いのですが……


それでも自営業を名乗るようになったのは、無職を名乗った時の相手の反応がだんだん面倒になってきたからです。

無職と名乗った時の反応の一例は、過去記事をご覧下さい。

過去記事:無職という肩書きについて

実態がどうあれ、自営業と名乗っていれば他人の事情にそれ以上突っ込む人はいませんし、まあ色々と面倒になって、ひよったワケです。

というワケで、早期リタイア後に肩書き問題で悩む人は、ウソでも自営業と名乗っておけばいいんじゃないかな、と現在では思っています。

後からでも開業届を出しとけばいいし、名目だけでも事業内容を考えるのも楽しいでしょう。

せっかく早期リタイアしたのに新しくしがらみが出来るのが嫌だ、という私のような人は「ウェブサイト運営業」がおすすめです。
今まで通りひとりでブログ書いていればいいんですから。

とにかく、せっかく早期リタイアしたのに、人にわずらわされたりマウンティングされたりするのはゴメンです。

あ、蛇足ですが間違っても投資家とかトレーダーとか変な職業を名乗ってはいけませんよ。無用の関心が生まれてしまいます。シンプルに自営業とか自由業でいいんです。


開業から1年目までの 個人事業・フリーランスの始め方と手続き・税金




↑私のような不真面目な自営業にはこのレベルの本でも迂遠です。「早期リタイアして肩書きだけ欲しい自営業者向けの本」なんて存在しませんからね(笑)


フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。




↑この本はおすすめです。本当に必要最低限だけの事が書いてあります。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ