私はシンプルライフの観点から完全に電子書籍派で、紙の本はなるべく所有しないようにしています。

所有してしまうと物理的にスペースも取るし、所有しているという事実は知らず知らずのうちに精神的に影響を与える事があります。大量の蔵書があってなかなか引っ越しする気になれないとか。

ただ電子書籍であっても、例えばAmazonのkindleはお金を払って電子書籍データの「使用権」を購入しているわけで、本質的には「本を所有」している訳ではないのですが、やはり感覚的にはお金を払った以上は電子書籍を所有している気になります。

シンプルライフの観点ではこの所有するという感覚がすでに重荷になることがあります。

その点、著作権が放棄され完全に無料の「青空文庫」は誰でもいつでも好きな時にダウンロードしたり削除したりできるので、この所有の重荷感がありません。

青空文庫とは

青空文庫(あおぞらぶんこ)は、著作権が消滅した作品や著者が許諾した作品のテキストを公開しているインターネット上の電子図書館である

Wikipedia:青空文庫より引用



外部リンク:Amazon Kindleストア:青空文庫専用ページ

1万タイトル以上あるし今後も著作権切れの作品が加わっていくでしょうから、読むものに困る事は無さそうです。
近代文学の名作を無料で読むことができます。


電子書籍ビューワーとしては既に持っているスマホやタブレットで読むのもいいですが、やはり専門端末が一番良いでしょう。

操作性や反応速度は液晶画面の方がいいのですが、目が疲れるのとバッテリーの減りが気になるのは液晶端末の大きな欠点です。

専用端末の電子ペーパーは反応速度や操作性で液晶画面より劣りますが、目の負担が軽いのとバッテリーが圧倒的に持つ、起動が早いなどの点で読書に向いています。

将来的にはkindle専用端末の普及が進んで、青空文庫のような所有の負担を感じないシステム(やはり月額課金か?)が主流になると思います。

Kindle (Newモデル) Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー




青空文学のコンテンツは名作が揃っていますが、文学に馴染みのない人には古風な文体などがちょっとハードルが高いかもしれません。

で、ハードルを下げる為に私がおすすめするのは以下の作品です。

有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいのマンガで読む。




定番すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。 (トーチコミックス)



近代文学の名作を水木しげる風のタッチで10ページほどのダイジェストで紹介するシリーズです。
これで雰囲気だけでもつかむと本編も読み易くなるのではないでしょうか?
近代文学にネタバレも何もないでしょうし……

Amazonの書評にもあるのですが、夢野久作の「ドグラ・マグラ」をダイジェストでまとめているのは凄いです。
あのワケの分からない話をこのページ数で描くとは。
途中で挫折した人も多いでしょうから、こんな話だったのかと思うはずです。

この漫画で満足して、肝心の青空文庫を読まない人もいるでしょうが(笑)、興味の幅が拡がると思うのでぜひおすすめします。

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つきモデル



関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
タグ