関連記事:やはり無職はいかんよ無職は……早期リタイア後の肩書きについて

セミリタイア後の肩書きは好きに名乗ればよく、人間関係上の摩擦を避ける為には無職を公言するのは控えた方が良い、というのがただいまの私の結論です。

なんらかのスモールビジネスを行い、自営業を名乗るのが自然で良いと考えています。

世の中、利益の出ていない仕事などごまんとありますし、むしろ下手に利益を出してしまうと税金や社会保障費の支払いが増えるので、仕事は半分遊びのような適当な仕事で良いのです。


ただし、こんなふざけた態度で世の中を渡ろうとすれば、やはりそれなりのデメリットはあります。

税金や社会保障費の支払いを減らす為に売上はそこそこでそれなりの経費を計上すると、納税額がゼロに近くなります。

そうすると、賃貸住宅を借りたり、銀行でお金を借りたり(住宅ローンなど)する時に提出する所得証明書類(市区町村や税務署が発行する各種書類)の数字がすごい事になります。

クレジットカードを作る時も同様で、要するに金融機関の審査上の社会的信用は最低ランクになります。
金融機関から見ると、本人の自称はどうでもよく、お前の信用は無職と同等かそれ以下という訳です。

自分が何者か知りたかったら、銀行でお金を借りてみろという……なかなか泣ける話です。


社会的信用=金融機関の査定する与信と考える人は公務員や大企業の社員といった立場にこだわります。

私はセミリタイアは一種の世捨て人だと考えるのは、こうしたお金を借りる為の立場を蹴飛ばして捨てているからです。

お金を借りなくてもスモールビジネスをする程度の自己資本はあるし、住宅ローンや自動車ローンなど最初から組まないし、クレジットカードなんか無職でも作れるステータス最低のカードで上等だし、賃貸住宅はいまどき無職には絶対に貸さないなどという殿様商売ができる時代ではありません。

要するに考え方を変えれば、ある種の世捨て人セミリタイアにとっては、自分が何者だろうが何も問題は無いのです。


※そうは言っても、やはり所得証明が出来れば有利な面もあるので、配当所得を確定申告して税金や社会保障費の支払いを抑えたまま実績が作れないかなと考えています。
関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ