2017年5月23日に「One ETF 高配当日本株(1494)」というETFが新規上場して、これで東証に上場する高配当日本株ETFは全部で6つになりました。

そろそろワケが分からなくなってきたので、簡単にまとめてみます。
なお、6つのETFのうち1399を除く5つはこのブログですでに紹介しています。

関連記事;高配当日本株ETFの「One ETF 高配当日本株(1494)」が新規上場
関連記事:「日経平均高配当株50指数」と「日経高配当株50ETF(1489)」まとめ
関連記事:国内高配当株ETFの1478について(1577と1698との比較)
関連記事:国内高配当株ETFの1577と1698について

現在東証に上場する高配当日本株ETFはコード順に、

・インデックスファンドMSCI日本株高配当低ボラティリティ(1399)
・iシェアーズMSCIジャパン高配当利回りETF(1478)
・日経高配当株50ETF(1489)
・One ETF 高配当日本株(1494)
・NEXT野村日本株高配当(1577)
・上場日本高配当(1698)

の6つです。


kouhaitouetf.png


利回りと流動性は私の主観評価ですが、

利回りは普通で2%以上、高で3%以上、

流動性は大口の取引をしなければ普通に売買できるものを普通、板を崩さないように慎重に指値でしか売買できないものを低、それすら困難で売買が成立しない日があるのを激低としています。

こうして見ると1399がどうしようも無いように見えますが、後発のETFだけあってボラティリティを抑えながらTOPIXを安定的に上回る事を目指したテクニカルなETFになっています。スマートベータ指数に連動するETFはアクティブファンドに近い性格があるので、成績を見ないといちがいには言えませんが……

私としては、やはり使いやすさで1489を推します。次点で1577ですかね。

ETF(上場投資信託)まるわかり! 徹底活用術2017 (日経ムック)




関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ