• 1. 新日本海フェリーの舞鶴~小樽航路のまとめ


    今月出発する予定の北海道自転車旅。

    北海道への上陸は京都府の舞鶴から「新日本海フェリー」を利用しますのでベストな利用条件などを色々調べてまとめてみました。

  • 2. 使用船・ダイヤ


    使用船は高速フェリーの「はまなす」「あかしあ」の2隻体制です。なにが高速フェリーかと言うと、航海速力がなんと30ノット。船好きの人には萌えるスペックです。名古屋や大洗から北海道へ向かう太平洋航路のフェリーの航海速力が21~24ノット程度な事を考えるとこれは超早い。所要時間は20時間。

    運航日は毎日(運休日あり)で、
    北海道へは舞鶴を23:50発、小樽へは翌日20:45着。
    帰りは小樽を23:30発、舞鶴へは翌日21:15着です。

  • 3. 運賃体系


    ・旅客運賃
    huxeri-.png

    ステートBから個室なので、2段ベットと個室で料金は倍違うと考えればよく、デラックスで3倍、スイートで5倍。
    個室は2~4人部屋なので、ひとりで使う場合は基本的に割増料金がかかる。

    期間B・Cに個室を定員に満たない人数で使用する場合は貸切料金として、使われないお席1席につき、ご利用船室運賃の半額が必要となります。 個室の相部屋はありません。 期間Aは貸切料金はいただいておりません。ただし、2017年7月1日ご乗船分より、部屋定員の半数に満たない人数でのご予約はできません。
    新日本海フェリーHP

    なので、ひとり旅の時は期間Aの時に2人部屋を予約できれば割増料金なしで利用できる。

    ・手荷物運賃(ひとつあたり)
    nimotu.png

    自転車は手荷物運賃になります。自転車を分解や折り畳みして輪行袋に入れる輪行でも料金は同じ。

    ・期間
    kikan.png

    赤字のところ、7月14日までに乗船して、8月21日以降に帰ってくるのが最も安くあがる。そこまで拘らないにしても、8月上旬から中旬の繁忙期は期間Cの割高料金になるのでそれは避けたい。ツーリストAなど6割増しの料金で込み合うとなるとちょっときつい。スイートなら関係無いがそれは財布がきつい。

  • 4. 予約


    乗船予約は2か月前から受付可能。
    が、早割制度などの割り引き制度が無いので、繁忙期などによほど確実に部屋を押さえたい場合以外はあまり早くから予約する意味は無いと思います。

  • 5. 割引制度


    割引きの併用は不可です。

    ・往復割引
    復路の運賃を10%割引。ただし往路乗船日を含め14日以内の指定日に復路を乗船しなくてはならない。出発前に一括で往復の券を買う必要もある。

    ・学割
    ツーリスト旅客運賃を20%割引。ツーリスト限定の旅客運賃のみ。期間Cは適用外。

    前述の通り早期予約による早割制度が存在しないので、割引は使いづらい。

  • 6. ベストプラン


    ツーリストAはつらそう、ツーリストSは中途半端なので、個室になるステートBを選択する。期間はもちろん期間Aで、割引制度は使えるものが無い。

    そうすると、自転車で7月14日までに乗船して、8月21日以降に帰ってくる、という条件で、

    ステートB(19,030円)+手回り品(510円)+自転車(2,880円)=22,420円の往復で、44,840円になる。

    ツーリストAだと2万円ほど安くなるので、一昼夜を不便な船の中で過ごす事を考えて、財布および気力体力と相談して決めれば良いと思います。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ