53日間(北海道滞在は47日間)の自転車旅で実際にかかった費用はいくらか。

まずは間違いの無いカンタンな所から。


・交通費

これはカンタンで、舞鶴~小樽間のフェリー代金往復と、稚内~利尻島~礼文島~稚内のフェリー代金のみです。
舞鶴小樽往復が個室利用で43820円。

参考記事:北海道自転車旅に利用する新日本海フェリーの舞鶴~小樽航路のまとめ(2017年夏)

稚内と利尻礼文間が8620円です。合計で52440円


・宿泊費

通常は交通費と並んで数字が大きくなる項目。47泊の内訳は有料・無料のキャンプ場でのテント泊が40日、テント場以外でのテント泊(野宿)が3日、24時間営業の健康ランドの宿泊が3日、これに最終日のフェリーを足して47泊。

最終日を除く46泊で合計金額は20110円でした。安っ!

無料の日が17日もあり、有料キャンプ場も大半が500円前後で1000円を超えるキャンプ場は無く、健康ランドも一泊2000円程度という事でこの結果になりました。

自分でもこの安さには驚きます。


・食費

おそらく一番かかっているのがこの食費。北海道ローカルのコンビニであるセイコーマートで使った金額が4万5千円である事は分かっています。カセットガスや蚊取り線香など食料品以外の買い物もあるので、食費はもっと少ない。しかしウニやイクラなどの高級な食事もしたので、食費は結構かかってるはずです。

ただ交通費と宿泊費を抑えているのでその分気持ちよく食事におカネをかける事ができました。自転車旅の場合は食費はガソリン代でもありますし体調を崩してしまうと何にもなりません。


・風呂代、洗濯代

地味に大きいのがこの項目です。日帰り温泉はほぼ毎日入っているし、コインランドリーは洗濯乾燥で安くても500円はかかります。3万円は行っていないと思いますがどうでしょう。

後は娯楽費と雑費、おみやげ代などになりますが全て合計して20万円を超えるぐらいでしょうか。25万円は超えていないと思います。2か月近く旅行してこれなら、旅費というよりあまり普段の生活費と変わっていませんね。

参考記事:自転車での四国遍路にいくらかかったのか、費用まとめ

似たような長期旅行である四国遍路では、ある程度信頼できるアンケートによると1日あたり1万円で計算する人が多いようです。50日間の旅行で50万円になる訳で、それからすると観光やグルメを楽しんでも半額程度で納まっていますね。


関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ