久々の相場格言シリーズです。

古すぎてググっても検索にひっかからないような格言ですが、なかなか味わいがあり、分かっていても実践は難しい投資の極意のような気がします。

「常の相場」は通常の相場、株価が一定のレンジを行ったり来たりする、いわゆるボックス相場です。

アベノミクスによる株価上場がいったん落ち着いてからは、この「常の相場」になっていますね。保ち合い相場とも言い、株価推移の大半の期間は実はこの保ち合い相場と言われています。

常の相場に向かえ、とはこのボックス相場では逆張りが基本になるという事です。

ボックスの下限で買い、上限で売る。楽観で売って悲観で買うといった具合です。短期間の売買を繰り返す専業投資家などは、ほとんどがこの「常の相場に向かって」メシを食っているのではないでしょうか?


専業投資家だけでなく、アマチュアの投資愛好家もこれをやっています。細かい売買を楽しめるからです。

しかしこのやり方はみみっちいというか、労多くして利益の少ない、非常に骨の折れる作業です。専業投資家向きではありますが、セミリタイア向きではありませんね。気苦労が多くて大変ですから。


「乗るは大相場のみ」は、こうした逆張りすべき通常のボックス相場を無視して、アベノミクスのような大相場の時だけ大きく順張りで張る事です。これが極意ですが、極意だけに言うのは簡単ですが実践は非常に難しい。

大相場を察知して果敢に出動して、しかも途中で利益を確定する事なく乗り続けなければなりません。これが本当に出来るなら誰でも大金持ちになれます。


結局、「常の相場」で逆張りの経験を積みつつ、かつ「大相場」の時は逆張りを捨てて順張りで大きく利益を乗せていけるようにならないといけません。ここまで自在に完璧に出来るようになるとまさに達人です。

実際の現実的なところでは、だらだらと続く「常の相場」の逆張りにのめり込み過ぎて、やがて訪れる「大相場」に乗れない、または空売りなどで失敗する、もしくはパンパンにポジションが膨らんだところで暴落に巻き込まれて死ぬパターンが大半になるようです。

多くのベテランがするアドバイスとしては、やはり普段の保ち合いのだらだら相場は捨ててしまい、大相場の到来まで経済動向や市場を注意深く観察するのが良いようです。アベノミクスのような大相場を一生のうち一度でも捉えれば、投資人生は変わるでしょう。


関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ