配当利回りが高い高配当株に投資するのが高配当株投資ですが、よくよく考えてみるとひとくちに高配当株投資と言っても人によって色んな意味で使われています。

まず配当利回りの高い高配当株はいろんなタイプがあります。私がメインにしているのは成長力はそれほど無いが、安定して配当を続けているものが多いです。

優良株は株価が高くなりがちで配当利回りは低くなりやすいので、狙い目はどちらかというと不人気で地味、しかし安定した配当の実績と配当の原資があり、配当意欲が見える中小型の割安高配当株です。昨今はめっきり少なくなったタイプです。

他には、大型株で配当利回りが高いが優良株とは言えず、配当の原資と配当意欲だけはあるがお世辞にも良い経営をしていないので人気が無い不人気割安高配当株。これも狙い目になります。


しかし私のようにこれらの高配当株に投資するのを一般的にも高配当株投資と呼ぶかというと、おそらく違うと思います。

一般に言う高配当株投資とは、

成長力と配当性向が高く増配を続けて結果的に高配当になっている株に投資する成長株投資か、

景気循環的な要因(好景気で増配した後や株価の急落後)か季節要因的な原因(配当落ち直後から次の権利日まで遠い時期)で一時的に配当利回りが高くなっている株へ投資するタイミング投資のどちらかを指す場合が多いのです。

私の場合は日本株の話をしていますが、例えば米国株だと成長株投資の事を言っている場合が多いし、日本株の場合だと配当利回りに着目した単なるタイミング投資の事を言ってる場合が多いでしょう。

そして成長株投資とタイミング投資にとって配当そのものは主題ではなく添え物に過ぎません。配当では無く株価の推移に着目した投資法だからです。


このように高配当株投資の話を聞いた時は、その人がどんな意味で話しているのか考える事が必要です。高配当株投資法を株価の値上がり益と配当をダブルで狙う為に使っている人もいますし、配当そのものを受けとり続ける事を目的としている人もいます。

株価の値上がり益と配当の利益を区別しないでトータルで考える考え方もありますが、これは配当金生活者にとってナンセンスです。

振り込まれた配当金は生活費に使っても保有株の株数は変わりませんが、株の含み益を生活費に回す時は売却しなければなりません。株価が下落していれば同じ金額の現金化でもより売却すべき株数が多くなります。それは来期以降の受け取り配当の減少を意味しますし、同じ金額でより高い株価で買い戻すとそれも株数の減少を意味します。

株価の上昇を前提とした高配当株投資は成長株投資やタイミング投資であり、配当金生活とは区別されるものです。株価が横ばいや一時的に下落傾向でも構わないのが配当金生活と言えるでしょう。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活