関連コンテンツ

今後の投資方針について3

前回、配当金生活の原資7000万円を100銘柄以上に分散し、税引後の配当利回り3%のポートフォリオを構築したところまで話しました。ここまでが過去の話になります。

もう一度私の早期リタイア計画の前提条件を確認すると、

1 年間支出が200万円を下回る
2 税引後の年間配当収入が200万円を上回る

この2点です。
小難しい理屈は抜きにして、とにかく予想年間配当金が200万円を超える状態を維持すれば良いわけです。

ただし明らかに投資元本を毀損するような投資対象は選びません。
例えば牧場商法とかみんなでなんとかとかタコ足配当とか高金利通貨建てのゴニョゴニョとか。

現状で配当利回りが妙に高い金融商品は何かがおかしいと考えるべきで、目標とする税引後の配当利回り3%というのはこれでもかなり攻めた数値ですが、資金的にギリギリなので仕方がないと思っています。

インフレに対応するため投資対象は日本株が9割です。
これは今後明らかにインフレに向かうと思うのでこうなっています。
経済状況が変われば債券100%にしてもいいわけです。

円安の問題があるので外国株も気になるところですが、税金や為替差損、国際情勢など考慮しなければならない要素が多すぎるので煩わしいです。

どうせ日本で生活するのが前提ですから円の価値の多少の上下は気にしないことにしています。
もちろん外国株に投資するのが合理的な状況になったらそうします。

長くなったのでまとめると、年間200万円の配当金収入を得るために、元本をなるべく毀損しないような投資対象をこれからも柔軟に考えていくよ、ということです。

次回に?続きます。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
「税引後の配当利回り3%」素晴らしいです。
これからも続いてほしいですよねw
私の場合は、預貯金・日本及び先進国株式・日本の国債・資産の1~2%のFXとなっています。
年金がどうなるかで、資産配分考え直すかもしれません。
Re: No title
> 「税引後の配当利回り3%」素晴らしいです。
> これからも続いてほしいですよねw
> 私の場合は、預貯金・日本及び先進国株式・日本の国債・資産の1~2%のFXとなっています。
> 年金がどうなるかで、資産配分考え直すかもしれません。

私の場合は年金は計算に入れてません。30年近く先の話なので、最低限しかもらえないでしょうし。
No title
配当が200万以上出れば、もう元本の変動はあまり関係無い、ということですよね。あとは物価上昇が怖いですが、それだけインフレになったら配当だって増えるでしょうからね。上手く行きそうな気がします。
Re: No title
> 配当が200万以上出れば、もう元本の変動はあまり関係無い、ということですよね。あとは物価上昇が怖いですが、それだけインフレになったら配当だって増えるでしょうからね。上手く行きそうな気がします。

日本株主体のPFにした時点でインフレはあまり心配していません。
アベノミクスが成功すれば問題ありませんが、失敗して再度デフレ不況に突入した時が真価を問われると思います。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント