条例で自転車保険加入を「義務」、もしくは「努力義務」とする自治体が増えているようです。

2017年10月1日現在で、

義務:兵庫県 大阪府 滋賀県 鹿児島県 名古屋市
努力義務:東京都 千葉県 埼玉県 京都府 鳥取県 徳島県 愛媛県 福岡県 熊本県

来年度2018年4月1日には、京都府や埼玉県なども全域義務化に。
自治体単位なので調べ切れないのですが、金沢市なども義務化になるようです。

金沢市における自転車の安全な利用の促進に関する条例を改正しました!(平成30年4月1日施行)

なので自転車を利用する場合は自分の住んでいる自治体の情報は確認した方が良さそうです。しかも、この加入義務は自治体の住人以外にも適用されるようです。

ただ、義務と言っても罰則はありません。

しかしそれでも「努力義務」と「義務」では自治体の力の入れようも違うでしょうから、保険の加入率は上がるでしょう。


自転車保険加入の義務化という事ですが、これは誤解を生みやすい表現です。

自転車保険は通常、「賠償責任保険」と「死亡保険・傷害保険」のセットで構成されていて、加入が義務化されるのは「賠償責任保険」の方です。

つまり、自動車保険や火災保険(賃貸に住んでいる人は必ず入っているはず)の特約、クレジットカードの付帯保険に「賠償責任保険」がついていれば新たに加入する必要はありません。

自転車を買ったときに貼ってある「TSマーク」には1年間の保険が付帯していますが、これはその自転車に乗る人に適用されます。つまり家族分など複数の自転車を所有していると毎年台数分の更新料がかかる事になります。これははっきり言って自転車業界の陰謀だと思います(笑)。まあ自転車の点検料込みなので、年に一回点検を受ける機会とも言えますが。

やはり普通に世帯全員に適用される賠償責任保険に加入した方がいいでしょう。

自転車保険加入が義務化と聞いて、慌てて自転車保険に加入するのではなく、まず上記の事はチェックした方がいいかも。AU損保などはすでに自転車保険で京都府と提携したようで、全国に広がれば大きな商機にもなるかもしれません。基本的には保険の義務化や将来の道交法の改正は良い事だとは思いますけどね。

関連記事:楽天超かんたん保険自転車プラン月額170円から。楽天スーパーポイントで払えるのがポイント。
関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ