• セミリタイア者の間でも暇(ヒマ)の問題には派閥がある


    セミリタイアすると圧倒的に暇(ヒマ)になります。アルバイトや副業をしてる人でも会社員時代からするとやはり圧倒的に暇な時間が増えるのは間違いないでしょう

    よってセミリタイア者は皆、暇(ヒマ)の問題についてなんらかの見解を持っていると思われます。自分は暇と思ってなくても他人からは暇人と見られますからね。

    セミリタイアブログを観察していると、同じセミリタイア人でも暇(ヒマ)問題には派閥がある事が分かってきました。

    分類としては3つに分けられますが、大きく分けると2つに分かれると思います。つまり、暇(ヒマ)を悪い事と捉えるか、良い事と捉えるからです。

    第3勢力として、セミリタイアしても暇(ヒマ)じゃないという人の集団もあります。これは暇(ヒマ)の良し悪しじゃなくて状況の話なので、場合によっては2大勢力のどちらかに属するでしょう。

  • セミリタイアは暇(ヒマ)で問題だよ派


    退職直後はダラダラと遊び続けるのも良いですが、会社員時代にやりたかった事もやり尽くしてしまったり、やる気が無くなったり、面倒になったり、そもそもそんなにやりたい事じゃなかった事に気付いてしまったりすると、圧倒的に暇になり退屈を感じてきます。

    このタイプはまだ年齢が若かったり、あるいは有能で仕事好きなタイプが多いです。

    有能ゆえに経済的に成功していてセミリタイアが可能になりますが、プライドが高かったり無為に無駄に過ごすのが苦手なので、本質的にはセミリタイアには向いていません。

    このタイプは暇(ヒマ)があり過ぎる事を問題と考えているので、やがて暇(ヒマ)状態の解消に向かいます。再就職するか、自分で事業を始めるからです。

    なお、趣味を増やすというのはあまり現実的ではありません。趣味は余暇の時間にやるから趣味なのであって、全ての時間が余暇になってしまえば趣味というものは成り立ちません。永遠にやり続けられる趣味というのはもはや趣味ではなくライフワークの域に達していて、これを持つ人はセミリタイア者としては最も幸福なタイプと言えます。

    このセミリタイアは暇(ヒマ)で問題だよ派の人は有能な人が多いので、暇(ヒマ)問題の存在には早くから気が付いていて、なんらかの対策を打っている場合が多いです。

    無能なのに何も考えずにセミリタイアしてしまって、暇(ヒマ)問題に直面してしまい慌てている人も稀に観測できますがこれはうかつ過ぎるでしょう……

  • セミリタイアは暇(ヒマ)でも問題じゃないよ派


    このタイプははっきり言って、労働忌避者が多いです。特に賃労働を嫌っていて一度セミリタイアすると二度と働きたくないので働かない為にはとことん暇(ヒマ)状態を正当化します。

    仕事嫌いなので無能(サラリーマン適性が低いだけで自分で仕事する分には有能な人もいます)な場合も多く、労働の苦痛が労働の喜びを上回るので、何もしなくて良い暇(ヒマ)状態は大歓迎です。

    ボケーっとして何もする事が無いのが理想、という有能な働き者には理解不能な労働・人生観を持っています。

    あとは、ある程度年齢が上で、労働とか暇の問題をある程度見切っている人が多いです。誰でも定年退職するような年齢になればもうこれぐらいでいいか、という悟りや諦めが生まれている状態を、人より早く得た人ですね。

    20代30代の超アーリーリタイアでこの境地に達している人は変人と呼ばれていますが、これから先はこのタイプが増えて多数派とまでは行かなくても珍しくなくなる予感がします。

  • セミリタイアしても何かと忙しいから暇(ヒマ)じゃないよ派


    セミリタイアしても暇(ヒマ)じゃないよアピールをことさらにする人は何が狙いなのでしょうか?

    おそらく人から暇人呼ばわりされたり、セミリタイアして暇じゃない?という定番の質問をかわす為にアピールしているのでしょう。つまり本当は結構暇なのに暇じゃないアピールをしているのです。

    本当に趣味やら家事やら雑事やらで忙しいと感じている人もいるようですが、どれも普通の会社員は忙しい時間の合間をぬってやっている事なので、やはり客観的に見て超ヒマなのは間違いありません。

    ここで暇(ヒマ)を悪い事と考えるか良い事と考えるかで、他の2大派閥に合流していくのですが、本気で暇(ヒマ)じゃないと考えてる人もいるようなので、第3勢力を形成しています。

  • 暇(ヒマ)と向き合うセミリタイア生活


    セミリタイアすると超暇(ヒマ)になります。異論は認めない。

    よってセミリタイアしている人は暇(ヒマ)問題について何らかの見解を持っているし、これからセミリタイアする人はあらかじめ考えておいた方が良いでしょう。セミリタイアしてから考えも変わっていくかもしれませんし、私の考えも時間の経過と共にだんだん変わっていってます。

    最後に、こんな記事を書いている私は超暇(ヒマ)人である事は指摘される前に認めておきます。


関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活