【ニューヨーク=山下晃】投資会社バークシャー・ハザウェイを率いる米著名投資家ウォーレン・バフェット氏は10日、仮想通貨について「ほぼ確実に悪い結末が来るということだ」と話した。米CNBCテレビのインタビューで語った。

 インタビューでは「全ての仮想通貨の5年先のプット(売る権利)が買えるなら、喜んで買う。しかし10セント分すら空売りするつもりはない」とも述べた。一定のオプション料を支払いリスクを限定すれば将来の価格下落にかけたいが、価格変動が大きいため空売りはできないとの姿勢だ。


バフェットは仮想通貨について一貫して否定的なんですけど……

投資の神様に言われなくたって、みんな本音では仮想通貨はバブルで上昇は幻だと思っていると思います。本物だ、と妙に強気な人ほどポジショントーク臭いですし。

ただ、いつそのバブルが崩壊するかが知りたいんですよね。そして自分だけ高値で売り抜けたい、あるいは何らかの方法で空売りして利益を得たいのが本音だと思います。

しかしバブルを指摘する事は容易でも、バブルが崩壊するタイミングを当てるのは至難の業。

バブルの頂点付近で空売りするリスクを考えたら割に合わないですよね。

「全ての仮想通貨の5年先のプット(売る権利)が買えるなら、喜んで買う。しかし10セント分すら空売りするつもりはない」というのはこの事で、確かにこのような権利が買えるならかなり勝てそうだし買う人も多いでしょう。

しかし現実には売ってないわけで、仮想通貨に関してはあえて指をくわえて見てるだけなのが賢明なんでしょう。

これも、そんな事はじゅうじゅう承知で、それでもてっとり早くお金持ちになりたい人が多いんですよね。

これが「空売りする奴は負け犬」と煽った事もあるバフェットの、世界史級の超大金持ちの余裕でしょうか。

関連記事

スポンサーリンク





カテゴリ
タグ