スポンサーリンク



スポンサーリンク
実際にセミリタイアしている人は、生活費の中で一番コストのかかる住居費はどうしてるのか?と言う質問を受けました。

これはライフスタイルや趣味嗜好、個人的家庭的な事情で決まってくるのでいちがいにコストだけでは決められません。

ただ生活費に占める住居費の割合は大きいし、平均的日本人のほとんどは(地主の家にでも生まれなければ)、人生の大半を住む家のことばかり考えて暮らしているような気がします。

住居費さえなんとかなれば、今すぐでもセミリタイアしてもいいという人もいるでしょう。


私個人の話だと現在は賃貸住宅に住んでいます。家賃は5万円弱。田舎なので間取りは余裕があります。

分類で言うと賃貸派ということになります。賃貸と持ち家のどちらが優れているかという話は、終わらない宗教論争に突入していく恐れがあるのでここでは割愛させて頂きます。

実家にそこそこ近い賃貸住宅でひとり暮らしです。

そういえば住居費に関しては賃貸派と持ち家派のほかにも、実家派というのもあります。

実家に住めば住居費はタダだからコスト的には最強です。最近はいい年していつまでも実家ぐらしは恥だという不動産屋の陰謀みたいな話もあまり気にしない人が増えてます。

ただまあ、それでもひとり暮らしを選ぶ人が多いのは総合的に考えてそうなってるのでしょう。私も実家にほどほどの距離でひとり暮らし、というスタイルに落ち着きました。


住居費を抑えるアイディアはセミリタイア界にはいろいろあるので、自分にあったものを採用すればいいでしょう。

希望条件をあれもこれも詰め込むとコストはいくらでもかさむので、自分に必要ない部分はバッサリ切り捨てるのがコストダウンの秘訣です。

セミリタイア自体が平均的な生き方ではないので、平均が好きな人が若干引くぐらいの思い切りが必要です。


・住居費はタダだよ派

コストダウンの究極はタダにする事なので、これをやるには実家ぐらしか、他人の家に居候するとか、ヒモになるとか……

これで快適に暮らすにはかなり人間力が必要でしょう。私には無理ですが。

あとはホームレスになることぐらいか。


・小屋を建てれば住居費は激安だよ派

一時期、セミリタイア界では話題になった方法です。

しかし小屋ぐらしはやはり一時的な方法だと思われます。小屋じたいが一時的な住居だし、結局はいつかは他の方法に合流していくはずです。

一時期雨後のタケノコみたいに発生した数多くの小屋ぐらしブログも現在だいたいそうなってますし……


・安い家を買えば住居費は楽だよ派

ワンルームとか極小住宅などの安い不動産を買う人もいます。これはまともな不動産を買うよりは初期費用を抑えられて、その後は家賃を払わないのでいいので月々の生活費を減らしたい人には一定の支持がある方法です。

ただ不人気物件で転売できなくなると、結局はスペックの低い住宅にずっと住み続けなればならなくなります。

そうなると不満を持ちながら住み潰した後に不満解消のためにまた引っ越すかもしれません。分類としては持ち家派ですが、どちらかというと引っ越しできない賃貸派に近い存在です。

メリットとデメリットを考えると中途半端ですが、予算的な制約や心理的な安心感のためにこうなってる人も多いと思います。


・不動産は住むものじゃなくて投資だよ派

セミリタイア界には不動産投資家も多いので、こういう人もいます。私はよく分かりません。賃貸派、持ち家派とは軸が違う感じです。


・不便で家賃相場の崩壊した地域の賃貸に住めば激安だよ派

これは読んだ通りの話。結局は便利な地域は高コストで不便な地域は低コストになる、それだけの話です。

大都市に近いとか、治安が悪いとか住民の質が悪いとか差別的な話とか、仕事があるとかないとか、見栄がどうとか気にしないある種の人たちにはどうでもいい話だったりします。

実際住んでいる人にとっては高コスト地域より快適だったりもします。


・リゾートマンションとか別荘派

これも定期的に話題になります。欧米だと成功した投資家の中には古城を買ったという話もあるくらいです。その人は結局金融危機の時に投げ売りして、別荘なんか買わなくても普通に旅行に行けばいいだろ、と思ったそうです。実にもっともです。

バブル期に建てられたリゾートマンションや田舎の別荘を買って暮らそうというのも、そういう生活を夢想してる人がいるだけで、また実際にやった人もいるようですがうまくいってるとは思えません。



私は賃貸派ですが、家を買わないのは手元にお金を残してその分を投資でブン回して生活するという、専業投資家としては当然すぎる考えでこうなっています。

専業投資家はリスクの高い生き方ですが、リスクヘッジのかけ方はいろいろあります。家を買うのも買わないのもあり。

仮に今後自分が住む家を買うにしてもその時は投資として売却時の値段を考えるはずです。

自分が住む家なんか必要十分であればそれでいいと考えてるので、あんまり人の参考にはならないかもしれません。

セミリタイアして極端に住居費を削る必要があるのは、セミリタイアするとまったく収入のあてが無くなる人なので、そういう人はちょっとどころではない工夫が必要になるでしょう。


関連記事:団塊ジュニア世代にとって家は究極タダになる
関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク