いちおう最初に言っておくと、ドケチの人や株中毒の人に病院に行け!と言っている訳ではありません。

ドケチや株中毒になると保険がおりるわけでもありませんしね。

順番としては、まず株中毒になってからドケチになる、というパターンが多いかもしれません。

もともとドケチで株を始めたら中毒になった、という人もいるかもしれません。

とにかく、ドケチと株式投資は親和性が高いのです。

親和性

1 ある物質が他の物質と容易に結合する性質や傾向。染色色素が特定の生体組織に結合しやすい傾向や、細菌・ウイルスが特定の細胞や臓器で増殖しやすい傾向など。
2 物事を組み合わせたときの、相性のよさ。結びつきやすい性質。「オリンピック中継とSNSは親和性が高い」

デジタル大辞林:親和性


株にハマってくると、株を買う種銭を貯めるために、出費を切り詰めるようになる傾向があります。

投資効率の良いものに資金を集中させる考え方を日常生活にも適用するとムダな出費が見えてくるので、この合理主義が行き過ぎるとドケチと呼ばれる不合理なほど消費しない人になるのかもしれません。

著名投資家のジム・ロジャーズも、最初の奥さんが良い家具が欲しいと言ってきたときに、家具なんて買ってどうするの?いま家具を買うお金を投資すれば将来もっと良い家具が買えるよ、と言って奥さんをドン引きさせたそうです。

他人から見ると理解しがたいかもしれませんが、多くのドケチは好きでやってます。

出費を切り詰め株式投資に投じる金額を増やせば、それだけお金が増えやすくなる。

お金が増えるのは快感ですから、さらにドケチにまい進するようになり、ますます株式投資にのめり込むようになる。

ドケチでお金が貯まるのも株価が上下しながら資産が増えてくるのも快感をおぼえるので、そのうち歯止めが効かなくなってきます。

ドケチと株中毒の病状がスパイラルで進行していくのです。

スパイラル

英語で、「渦巻」、「螺旋」。
厳密には、二次元曲線である渦巻のことを指し、三次元曲線である螺旋の意味はないが、しばしば混用される。
転じて、渦巻を描くように状態が進みブレーキが掛からない様子のこと。「デフレスパイラル」など。

Wikipedia:スパイラル


ここまで来ると重篤な患者ですから、もはや手遅れです。

自分の症状と折り合いをつけて、一生うまく付き合っていくしかないでしょう。

関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク