私は2014年の11月に退職して、同時に賃貸住宅を借りて引っ越しています。

その時は無職でしたが、部屋は全く問題なく借りられました。

関連記事:無職で賃貸住宅は借りられるのか?

今の住所ももう丸3年以上、足かけ5年目に突入していて、そろそろ引っ越しを考えているのですが、そうなるとまた入居審査を受けることになります。

2018年現在は自営業者を名乗っていますが、信用状態としては無職と同じだろう……と思うので、なかなかおっくうな事です。


最近、kindleでこの電子書籍(マンガ)を読んだのですが、無職のこの作者の方も苦労されています。

1 不動産会社編
2 リゾートマンション編
3 ルームシェア編
4 会社編
5 契約編

目次はこうなってるのですが、

無職で不動産屋で契約できずに、じゃあいっそ買うか、リゾートマンションはどうだ?ルームシェアは?実家を頼る?それもダメならえーいアリバイ会社だ!と迷走しているから面白いです。

結局、貯蓄されあれば無職でも借りられる不動産会社で借りたというオチですが、やはりそれが話が早いですね。

セミリタイアの場合、通常は見せ金には十分な貯蓄があるはずですし、貸したくないという所に無理に借りに行くこともないでしょう。

必要な見せ金の金額は、UR賃貸が家賃の100倍となっていますが、一般の不動産会社だとケースバイケースですがおそらくそこまで必要ではないと思います。

私の直近(3年以上前ですが)のケースだと家賃5万円の部屋で200万円以上だったから40倍ですね。

ネットで調べてみても本当にケースバイケースで、いくらあればいいとは言えません。いくらお金があっても怪しすぎる人には貸せませんし、逆もまたしかりです。

銀行の残高証明は、ネット銀行の住信SBI銀行か楽天銀行だと、無料でダウンロード発行できます。PDFファイルをコンビニのネットプリント機で印刷すれば見た目も立派なものです。

外部リンク・住信SBI銀行:証明書の発行方法・手数料
外部リンク・楽天銀行:証明書類発行

これらのネット銀行以外では有料になるけど、数百円から高くても1000円程度でしょう。

外部リンク:住信SBI銀行の残高証明書の見本(PDF)


あと賃貸契約に限りませんが、契約には何でも顔写真付きの身分証が必要になる事が多いです。

運転免許証があれば問題ありませんが、無いと面倒な事になります。無職・フリーランスは身分を証明する顔写真付きの身分証が無いと何かあった時に生きていけません。

しかし今はマイナンバーカードというものがあるので、ゴチャゴチャ言わずに作っておけばいいでしょう。

今後は証券口座を作るのにもマイナンバーカードがあった方が手続がスムーズですしね。

関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





カテゴリ
タグ