スポンサーリンク



スポンサーリンク
若くして仕事を辞めて再就職もしていないと、「仕事を辞めて何をしているのか」「何をして生計を立てているのか」という質問を受けることがあります。

どういう会話の流れでそういう質問が出たのかにもよりますが、霞を食って生きてる訳はなく、もちろん生計の道はそれぞれあるわけで、あまり意義のある質問とは言えません。

平たく言えばくだらない質問です。

こういう質問をする人は別に他意はなく、本当に何をしてるのか知りたいのでしょう。

仕事をしていない=無職の人間をどう扱っていいか分からないから聞いているのです。

彼らも無職の人間を前にすると居心地が悪いのです。

ならば、「仕事を辞めて何をしているのか」という質問に対するベター(無難ともいう)な回答はこれでしょう。

Q 「仕事を辞めて何をしているのか」
A 「(自営業で)仕事をしています」

ここで間違っても無職で何もしていないとか、求職中であるとか言ってはいけません。

この際たとえウソでも自信満々に「自営業ですが何か?」という顔をしておくべきです。

無用のトラブルを避けるにはこれしか無いでしょう。

まるっきりのウソをつくのも自分の居心地が悪くなるので、セミリタイアした人は何でもいいから(赤字でもいいから)本当に自営業をするのをおすすめします。

初期費用があまりかからないという点で最適な職種の第一候補はやはりネット関係で、仕事の内容を聞かれたらネット関係と言っておけばおおむねそれで済みます。

関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク