スポンサーリンク



スポンサーリンク
セルインメイ(Sell in May)は季節要因に注目した株式相場のアノマリー(経験則)です。

5月のこの時期になると耳にタコが出来るぐらいよく聞く相場格言です。

アノマリーにはアテにならないものが多いですが、これはまず外れません。意味が広いからです。

初心者のなかには、セルインメイを5月に暴落が来るから株を売れ、という意味に捉える人が多い(だって5月に売れって言ってるから……)ですが、実際のところこれは暴落時期を予言するものではありません。

セルインメイには続きがあって、実はこちらの方が重要です。

「Sell in May, and go away. Don’t come back until St Leger day.」
5月に売って市場から去れ。セントレジャーデイ(9月第二週の競馬の大レースがある日)まで戻るな。

もともと米国市場のアノマリー(セントレジャーはイギリスの競馬レースですけど)なので、意味としては米国市場では5月から9月までは株価がもたつく事が多いですよ、という事を言っているに過ぎません。当然日本市場もこれに付き合います。

このアノマリーがはっきり外れるには5月から9月まで、市場関係者も休みを取る夏のバカンスの時期もずっと株価が上げ続ける必要があり、そのような事例はあまり聞いた事が無いし記憶にも無いような気がします。

外れようが無い格言だと言えます。

経験則から言っても春は株高で夏は閑散(夏枯れという言葉もあります)な事が多いし、なにより閑散な夏休みの時期に大きなポジションをとって必死に相場をやってかつ負けていると、ひじょうにみじめな気分になります。

春の株高のうちに売りどころを探して夏はすっきりバカンスに入る、というのが理想的でスマートでしょうか。



関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





カテゴリ
タグ