スポンサーリンク



スポンサーリンク
2018年10月からたばこ税の増税が開始されます。

たばこ税の増税は今年にとどまらず、紙巻たばこは2018年から2021年まで消費税増税の2019年を除き4年かけてたばこ1本あたり3円の増税、

プルームテックなどの加熱式たばこは2022年までの5年かけて毎年の穏やかな増税が予定されています。


外部参考記事:【図解・政治】税制改正大綱・たばこ税増税のイメージ(2017年12月)(時事ドットコムニュース)


たばこ税の増税とそれに伴う値上げにより、喫煙者の減少とたばこの売上本数減が予想されます。

では、たばこ増税による喫煙者の減少と売上本数減は日本たばこ産業(2914)にデメリットしかないのでしょうか?


もちろんそんな事はありませんよね。

たばこの歴史は増税の歴史で、1998年に特別税が創設されてから2010年までに計4回(消費税の段階値上げはまた別)の増税が実施されています。

日本たばこ産業(2914)にとって増税がデメリットでしかないなら、増税のたびに経営上のダメージを受けて今頃は潰れているかもしれません。

少なくともそんな儲からない利益構造の企業だったら、株を買う人もいないから株式も売り出されなかったでしょう。


わりと常識的な話ですが、たばこ税の増税にともなうたばこの値上げは、喫煙者の減少と売上本数減を見込んで、増税分よりさらに大幅に値上げされるのが常です。

悪く言えば便乗値上げです。

日本たばこ産業(2914)は今回もたばこ増税分は価格に転嫁すると表明しています

JT(2914.T)の見浪直博副社長は1日の決算会見で、紙巻きたばこ、加熱式たばこともに、10月のたばこ増税分は価格転嫁する方針を示した。

紙巻き・加熱式ともたばこ増税分は価格転嫁=JT副社長



この「価格転嫁」は、かならずしも増税分だけを価格に反映するという意味ではありません。日本語は難しい。



過去の例で言うと、前回の2010年にはたばこ1本あたり3.5円という大幅な増税が実施されました。1箱20本だから1箱あたり70円です。

しかし実際の値上げ幅は、

マイルドセブン等33銘柄は現行の300円 が410円に、セブンスターやピース等14銘柄は300円が440円

JT、10月1日からたばこ値上げ実施へ(2010年 ロイター)



となっており、セブンスターに至っては70円の増税に対して140円の値上げと豪快に(便乗)値上げをしています。


今回はまず2018年10月からたばこ1本あたり1円の増税(20本1箱あたり20円)ですが、実際の値上げ幅はこうです。

【代表的な紙巻たばこの改定価格】

・ナチュラル アメリカン スピリット 現行 480 円 → 改定 520 円
・セブンスター、ピース(20 本入) 現行 460 円 → 改定 500 円
・メビウス 現行 440 円 → 改定 480 円
・ピアニッシモ 現行 450 円 → 改定 480 円
・ウィンストン、ハイライト 現行 420 円 → 改定 450 円
・キャメル 現行 380 円 → 改定 400 円
・ホープ(10 本入) 現行 230 円 → 改定 250 円

【加熱式たばこの改定価格】
・プルーム・テック 現行 460 円 → 改定 490 円

たばこ税増税に伴うたばこの小売定価改定の認可について



紙巻たばこの主力銘柄については、おおむね増税分の2倍の値上げ幅です。

紙巻たばこについては2019年は消費税増税、2020年と2021年はそれぞれまたタバコ税の増税が予定されているので、その都度価格改定されるでしょう。

また加熱式たばこについても5年連続の値上げが予定されており、デビューしたばかりのプルームテックにとってはこれは痛いですが、

現在の小売価格を基に試算すると、紙巻きと比べた場合の税額は、JTの「プルーム・テック」が約7割、英ブリティッシュ・アメリカン・タバコの「グロー」が約8割、米フィリップ・モリスの「アイコス」が約9割となる

【図解・政治】税制改正大綱・たばこ税増税のイメージ(2017年12月)



ライバルのグローやアイコスに比べると紙巻たばこに対する税額が抑えられてる分はまだマシかと思われます。紙巻きより値上げ幅は少ないですがここでもきっちり便乗値上げしていますし。


たばこ増税による喫煙者の減少と売上本数減があっても、(便乗)値上げによりある程度の利益は確保される仕組みは分かりました。

あとは実際、値上げによってどれだけ喫煙者の皆さんがたばこを吸う事をやめるか、吸う本数を減らすかです。

たばこ税の増税の大義名分として、喫煙者の数を減らした上である程度の税収を確保するという事がありますので、実際に減ってくれないと困る(厚生労働省とかが)ということにもなりますが……

喫煙者に、増税後の喫煙習慣をどうする予定か聞くと、「禁煙する」と答えた人はわずか12.1%。「特になにも変えない」(44%)、「吸う本数を減らす」(40.7%)が多かった。将来的な医療費削減や受動喫煙の防止を見込んだ「たばこ税増税」だが、急速な変化をもたらす可能性は低いようだ。

10月のたばこ増税・値上げで「禁煙する」わずか1割「やめたくない人はいくらになってもやめられない」(キャリコネニュース)



この調査だと値上げの影響で禁煙予定のある人は約1割、喫煙者の「禁煙する」「やめる」「減らす」はあんまり当てにならない(偏見)ので、実際はどうなんだろうと思います。

たぶん記事にあるとおり予測の範囲内、まだまだ急速な変化をもたらす可能性は低いのではないでしょうか。

関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク