スポンサーリンク



スポンサーリンク
6月下旬に北海道へむけて出発して、9月上旬に帰宅しました。

つまり7月と8月はまったく自宅の電気・ガスは使用していないので、電気代・ガス代は基本料金のみとなります。


この基本料金が結構高いのが気になります。


電気代はまだ新電力に切り替える、という節約の工夫の余地があります。

新電力の「Looopでんき」は基本料金がゼロ円なので、これに切り替えれば留守中の電気代はゼロ円です。

最近だと後発他社の「あしたでんき」「親指でんき」「ソフトバンクでんき(自然でんきプラン)」「ピタでん」「滋賀電力」あたりで基本料金ゼロ円のプランがあるようです。

電気を多く使うのは夏と冬なので、冬の暖房は灯油などを使って、夏はセミリタイアらしく寒冷地に避暑に行ってしまえば、留守宅の電気代はゼロに出来るのではないか?と考えたりします。

ただし基本料金ゼロ円プランは、狭いマンション・アパートのひとり暮らしなど、もともと電力使用量が少ない環境では逆に割高になる事があります。

電力量料金が一律単価なので、電力使用量が少ないほど割高になります。

全く電気を使用しない時期が長い別荘などでは理想のプランですが、夏だけ留守にするセミリタイアぐらいでは微妙な感じです。

こういう時は、やはり基本料金と電力量料金のトータルでベストのプランを考える必要があります。

電気代一括比較サービス




問題なのはガス代の方ですね。

それも都市ガスなら安いのですが、プロパンガスしか選択できない地方は大問題。

都市ガスの基本料金は平均して1000円程度らしいですが、プロパンガスは1500円~2000円ぐらいのようです。

私の場合、今回留守にした8月9月はまったくガスを利用していないにもかかわらず、基本料金月1600円、2か月で3200円も徴収されてしまいました。

基本料金はそういうものだと理解してはいてもやっぱり高い。

賃貸住宅なので業者を変更するにも大家に交渉する必要があるし、調べてみたらそもそも地域にはガス業者が2社しかないようです。

こりゃ駄目です。

ガスに関してはなるべく都市ガスが使える地域に住むか、どうしてもダメならせめてガス業者を選べる競争のある地域に住むのが良いと思います。

関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





カテゴリ
タグ