例えば年間100万円の収入を配当金で得ようとすると、配当利回り5%としても2000万円の資金が必要です。

配当利回り5%の日本株は限られているので、平均して配当利回り2.5%になるとしたら4000万円。

だから年間100万円の収入になるブログを持てば、収入上は2000~4000万円の配当株を持っているのと同じ事になります。

年間100万円の収入になるブログを持つのと、2000~4000万円の配当株を持つのは、どちらが難易度が高いのかは分かりません。

金額的には配当株の方が大変ですが、逆に言えばお金さえあれば誰でも株は買えます。

一方で、ブログ収入は金額的にはささやかですが、収入が発生するようなブログは誰にでも書ける訳ではありません。


セミリタイアブログを読んでいると、このブログ収入プラス金融資産という組み合わせの人が多いです。

セミリタイアするくらいだから元から蓄財には熱心でしょうし、セミリタイアするぐらいだからなるべく人に使われるような労働もしたくないでしょう。

そうすると金融資産があるのは当然として、それにプラスして人に使われず、ブログを書くだけで発生する収入があるのは強いです。

金額的にはささやかでも、利回り的には数千万円の金融資産に匹敵するのです。

もちろんブログは継続的に書く手間があるので純粋な不労所得を生む資産とは言えませんが、サラリーマンの労働に比べたら労働と言えるほどのものでもないでしょう。

セミリタイア人の働きたくない熱意が生んでいる組み合わせと言えるでしょう。

関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク