相互リンクしているブログ、共働きサラリーマンの家計簿の「shunponはてなブロガー」さんがJT(2914)を買う事を決断し、連日買い注文を出しながら、結局今に至るまで買えていない、という事態がTwitter上で観測されました。

わざとやってるんじゃないか、いったいどういう指値(さしね)の出し方をしているんだと思い、Twitterのログを漁りながら分析してみる事にしました。

本人の了解を得たネタ記事ですが、初心者向けの指値(さしね)のやり方指南記事にもなっています。


JTsasine.png

Twitterのログから、10月22日(月)にJT(2914)を買う事を検討(買うか買うまいか悩んでいた?)して、10月23(火)~10月26(金)に指値(さしね)注文を出して購入を試みた事が分かっています。

おそらく100株のみの購入なので、ナンピン3分割法は使えません。一発勝負になります。

関連記事:配当金狙いの株の買い方の一例

まず10月23日です。

この日の指値は2850円です。

この2850円は直近の最安値なので、ここまで下がったら買いたいという事で、これはまあ良いでしょう。

結果は安値が2883.5円なので、買えていません。まあ仕方ないですね。



【ポイント】直近の最安値で指す事自体は悪くないが、買えない可能性はそれなりに高い

2日目の10月24日。

この日の指値は不明ですが、安値2890.5円で買えていないので、注文を出していたとしたらそれ以下の指値でしょう。

おそらく前日と同じ2850円でしょうか?それともこの日は買い注文を出さなかったのでしょうか?

終値が2942.5円だったので、結果的にはこの週で一番株価が高い日でした。

【ポイント】買う事を優先するなら最安値に拘るのは良くありません


3日目の10月25日。

この日の指値は2900円という申告がありました。

おそらく、前日の高値を見ての修正でしょう。

これなら展開次第で買えそうですが、結果を見ると買えていません。

4本値(始値、高値、安値、終値)を見て気が付いたのですが、この日の始値は2892.5円で、安値は2890.5円です。それなのに2900円が買えていない。

ということは、朝イチ場が開く前ではなく、場中か昼休みに注文を出しているという事になります。

……何をやっているんでしょうか。



【ポイント】指値は株価を追っかけてはいけません。値が動いている時ではなく、前日の冷静な時に指値を出しておきましょう。


4日目の10月26日。

この日は場が開く前に2850円の指値を出したという申告がありました。

市況が連日大荒れになっていたので、ここまで落ちてくると踏んだのでしょう。

こういうのを証券用語で「安値覚え」と言います。

安値覚え (やすねおぼえ)

過去に下落した局面での株価水準を忘れることができず、相場の流れが変わって上昇基調に転じても、いずれは値下がりすると思ってしまうこと。

大和証券 金融・証券用語解説


この日の安値は2892円だったので、かすりもしていませんが、それはまあ良いのです。

次のtweetを見た時に私はずっこけましたね。


こいつ(失礼)指値を変更している?

この日の始値は2910円で安値は2892円なのだから、指値2850円には全く届いていないので惜しいはずはありません。

おそらく昼休みに、2880円あたりに指し直したのでしょう。



【ポイント】株価を追っかけて指値を変えてはいけません。というか前日は2900円で指してただろ?



分析してみると全体的には、とにかく最安値で買いたいという欲が見えます。

そのせいか指値がひんぱんに変更されています。

例えば25日に2900円で指した時にそのまま週末まで忘れていれば、いくらでも約定したのです。

指値のやり方のコツというか心得は、

・株価を追いかけず、待ち構える
・場が開く前、できれば前日に冷静によく考えて注文を出しておく
・指値を決めたら少なくとも場中には変更しない。変更するなら指値をやめて成行(なりゆき)で買う
・「安値覚え」は買えない可能性が高い
・注文は当日限りではなく期間指定ができるので、指値が決まったら日をまたいで放置しておく

このくらいでしょうか。

この記事はあくまでネタ記事であり、shunponさんでなくても初心者の頃はだれでも指値の失敗はあると思います。

最初は誰でも初心者です。

指値で買いたいのにいつまでたっても買えない人は参考にして下さい。

ナンピン3分割法が使えればもっと楽に買えるので、予算が許せば3単位買うのもアリです。

関連記事:配当金狙いの株の買い方の一例

どうしても自分は指値が使いこなせないと思ったら、性格的に向いていなのかもしれません。

その時はいさぎよく成行で買って下さい。

関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





カテゴリ
タグ