関連コンテンツ

「アメリカの高校生が読んでいる投資の教科書」を読んだ

アメリカで使われている教科書の日本語訳かと思って手に取って見ましたが、違いました。(4年前の本です)

「アメリカの非営利組織ジャンプスタート連合の学習内容基準の投資に関する部分のエッセンスを取り出し、日本人向けにアレンジすることで、皆さんに投資に対する理解を深めていただこうという試みです。」ということらしいです。

それはともかく、日本の高校生の投資に対する理解度はアメリカのそれに対し7掛けから半分程度らしいです。
今の教育現場の状況は知りませんが、まあそんなものかな、と思います。
たぶん今の高校生はよく勉強している方なのでしょう。
青少年でこれですから、中高年以降のレベル差は悲惨なほどあると思われます。

最低限この本のレベルの知識は身についてないと、議論すらできません。

日本の公的機関では一切投資教育をしてこなかったのだから当然ですが、ツケは確実に回ってきています。
もう公的年金では面倒見きれない、老後の資金は自分で運用して賄え、と言ってみたところで今の中高年にそんな金融リテラシーは育っていません。

非常にえらそうな物言いになってしまいましたが、手探りでもなんでも勉強して自分の資産は自分で守るしかありません。
勉強しないと現状維持すら難しいです。

しかも勉強法は確立されたものがありません。アメリカでさえそうです。

試行錯誤してこれからもやっていくしかないでしょう。

アメリカの高校生が読んでいる投資の教科書


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
未だに、投資というと、悪いギャンブル、と反射的に構える中高年は多いですからね、もうどうしようもないかと。
若い人に期待しましょう。
Re: No title
> 未だに、投資というと、悪いギャンブル、と反射的に構える中高年は多いですからね、もうどうしようもないかと。
> 若い人に期待しましょう。

金持ってるのがその中高年ですからねえ。若い人に金が回らなくて気の毒だけど、投資環境は年々良くなってるから是非相場に参加して状況を変えて欲しいですね。
No title
全員が全員儲かるわけでもないですからね。一度でもバブル崩壊を経験したら2度と戻ってこない思考の方も多いでしょう
Re: No title
> 全員が全員儲かるわけでもないですからね。一度でもバブル崩壊を経験したら2度と戻ってこない思考の方も多いでしょう

株はプラスサムのゲームなので、「理論的には」全員が儲かるはずです。
もちろん現実には大負けしたまま辞める人もいます。
仕組みを理解せずに的外れな批判をするオヤジが多いので困ります。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント