スポンサーリンク



スポンサーリンク
ここで言う「握力」は株式投資関連のスラングの一種で、株を保有し続ける意思の強さのことです。

私はこれを「含み益に耐える力」と解釈しています。

含み損に耐える力も握力と言われたりしますが、私はそういう意味では使いません。危険なので。

最初から長期的な展望があってホールドしているならともかく、例えば、ちょっと上がったら売るつもりだったが予想に反して下がってしまったので塩漬けにした……という状態を続けるのは、無計画さと意志の弱さを表していて握力とは言えません。

初心者はちょっとプラスになって含み益の状態になると、暴落で利益が失われる恐怖に耐えきれずに薄利で売ってしまいがちです。

逆に含み損に対しては変に我慢してしまい、損害を拡大させる傾向にあります。

ギャンブルで言う損大利小、コツコツドカンの負けパターンです。

つまり握力は株価の上昇局面で弱くなり、下降局面で強くなってしまいがちです。


でもこれは人間としては自然な感情なんです。

人間の心理的には、不快な心理状態(含み益が失われるかも?と思うので人によっては含み益も一種の不快状態です)が長く続くより、早く損切って(または利益確定して)楽になりたいと思うのが自然です。

長く株式市場に居残って投資を続けられている人は、この原始的な感情に逆らって利を伸ばし損を小さくする術を身に着けてるはずです。

生まれつきそういう性格のナチュラルボーン相場師みたいな人もごく稀に居ますが、ほとんどは学習や経験、訓練によって身に付くものでしょう。


投資は最終的には細かい取引の巧みさよりも、握力の強さとその柔軟な調整力が勝負を決めます。

握力の強さは強気相場においては最大最強の武器になりますが、弱気相場では注意が必要です。

弱気相場でこの調整が効かず変な意味での握力を発揮してしまうと、資産の株式比率やレバレッジの掛け方によっては下手をすると致命傷になります。私が見てきたなかでも退場した人は皆このパターンです。


関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





カテゴリ
タグ