ここで言う「握力」は株式投資関連のスラングの一種で、株を保有し続ける意思の強さのことです。

私はこれを「含み益に耐える力」と解釈しています。

含み損に耐える力も握力と言いますが、私はそういう意味では使いません。
塩漬けは弱い心の表れです。

株初心者はちょっと含み益が乗ると暴落で利益が失われる恐怖に耐えきれずに薄利で売ってしまいがちです。

逆に含み損に対しては変に我慢してしまい、損害を拡大させる傾向にあります。

ギャンブルで言う損大利小、コツコツドカンの負けパターンです。

でもこれは人間としては自然な感情なんです。
長く投資を続けられている人は、この原始的な感情に逆らって利を伸ばし損を小さくする術を身に着けてるはずです。

投資は最終的にはトレードの巧みさよりも握力が勝負を決めます。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ