関連コンテンツ

早期リタイアを可能にするのは預金額ではないこと

早期リタイアが可能な金額はいくらか、というテーマは早期リタイア志望の人達の間でよく議論になります。

私はこの金額を7000万円と見積もり、実際にこの金額を常時運用できる状態になったので早期リタイアに踏み切りました。

これはあくまで私個人の見積もりであって、万人に通用するものではありません。

最低限この資金量があれば、私個人の過去の運用実績から、生活費プラスアルファは十分稼ぎ出せると判断しました。

私の場合これ以下の金額だと生活費に食われて精神的な余裕がなくなってきます。

過去10年分の投資実績のデータを取っていましたので、実力を過信したり逆に不必要に怯えたりするこなく、客観的に判断することができたと思います。

そうしてみると、私の財産は預金額ではなく、この投資経験と投資実績のデータということになります。


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
金額は年齢にもよると思いますが、自分でいけるっていう決断ができる資産額は必要だと思います。
預貯金のみで60歳1億だと投資経験がなくてもいけるとは思いますが年齢が若いほど資金は多くいるので経験はある意味偉大な財産ですね。
Re: No title
> 金額は年齢にもよると思いますが、自分でいけるっていう決断ができる資産額は必要だと思います。
> 預貯金のみで60歳1億だと投資経験がなくてもいけるとは思いますが年齢が若いほど資金は多くいるので経験はある意味偉大な財産ですね。

早期リタイアの定義を40代までとすると、遅くても30代には投資を開始したいですね。できれば20代。
経験の中身も大事なんですけど。
No title
私の場合は、資金額以外に、
無理することなくできる節約生活がどのレベルなのか?
ということも、結構重要です。

ぜいたくすると、いくら資金があっての足りないので。
楽しくできる節約生活、も目標の一つです。
Re: No title
> 私の場合は、資金額以外に、
> 無理することなくできる節約生活がどのレベルなのか?
> ということも、結構重要です。
>
> ぜいたくすると、いくら資金があっての足りないので。
> 楽しくできる節約生活、も目標の一つです。

カツカツな生活前提の早期リタイアなんて意味が無いので、無理をしないのが一番ですね。
運用能力が伸びれば節約生活の必要もないんですが。
まったくそうですね
投資だけでなく節制したり
お金をきちんと総合的に管理できる力
これがないと大金を手にしても
本当にすぐに失ってしまいます
Re: まったくそうですね
> 投資だけでなく節制したり
> お金をきちんと総合的に管理できる力
> これがないと大金を手にしても
> 本当にすぐに失ってしまいます


金銭管理能力は当然必要ですね。
投資はそれ以外にリスクを管理しないといけないから。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク