関連コンテンツ

ヤングリタイアについて

私は40歳になるまでにフルタイムの仕事を辞め、リタイア生活に入ることをもくろんでいる。

一般的な基準ではヤングリタイアということになるかと思う。

江戸時代だと若隠居と呼ばれ、30代前半から40歳ぐらいまでの間に家督を譲り悠々自適の生活をおくる。
この身分から多くの芸術家や学者が生まれた。

もっとも私の場合はそんないいものではなく、譲るべき家督もなく、独身子なしなので世捨て人のような暮らしになるだろう。

若隠居という生き方は江戸時代はブームになり、憧れの目を持って見られたが、明治時代に入ると国力増強のため勤労が奨励され、じょじょに白眼視されるようになった。今もその傾向があると思う。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント