関連コンテンツ

「ナニワ金融道」とセミリタイア

全然知らなかったんですが、「新ナニワ金融道」のテレビドラマが明日24日にフジテレビ系列で放送されるそうです。

中居正広主演で、なんでも新作は10年ぶりだとか…。

原作となる「新ナニワ金融道」は青木雄二プロダクション制作ですが、青木雄二の没後に連載開始しているので当然本人は関わっていません。

「ナニ金」ファンな私は雑誌連載時からチェックしてたんですが、やはり本人の漫画とは全然違って、あのゴチャゴチャした書き込みがなくて妙にすっきりした画面になってしまっていたので段々読まなくなってしまいました。ストーリーも妙にソフトなんですよね。要はものたりないんです。

最近始まった青木雄二の伝記マンガは読んでますけどね。

それはともかく、青木雄二は50歳代で漫画家を引退してセミリタイア生活に入っています。
wikiによると、「一生暮らせるだけの金は稼いだ、残りの人生は遊んで暮らす」だそうです。

セミリタイア界では先駆者と言えるでしょう。漫画を描くのはゼニのためと割り切っていたため、これ以後は出版社の要請を断り続けて死ぬまで漫画は描いていません。そのかわり講演や本の執筆はしていたので、完全リタイアではなくセミリタイアと言えます。

特に本はかなりの冊数が出ていて、せっかくリタイアしたんだからもっとのんびりしたらいいのに、と当時思っていました。

2003年に肺がんで亡くなってます。58歳。
超ヘビースモーカーだったらしいので仕方ない部分もあるかもしれませんが、もっと長生きして欲しかった人です。

共産主義者?で21世紀に突入してるというのに、大真面目にマルクスの「資本論」を語るような変なおっちゃんでしたね。

関連記事:フジテレビ「新ナニワ金融道」見ました 感想?
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
『ナニワ金融道』連載当時、腱鞘炎で休載してましたし
あの作風で漫画家を続けるのは無理だったでしょうね
Re: No title
> 『ナニワ金融道』連載当時、腱鞘炎で休載してましたし
> あの作風で漫画家を続けるのは無理だったでしょうね

青木雄二の伝記漫画を読むと、精神的にもギリギリだったみたいですよ。
肉体も酷使して、せっかくリタイアできたのに早死にしたのが可哀想ですね。
No title
印税で配当収入みたいなもんでフリーランチで食ってけたんでしょうかね。
漫画は惰性で満喫でウシジマ君読むくらいでカイジも最近は読まなくなったな。
Re: No title
> 印税で配当収入みたいなもんでフリーランチで食ってけたんでしょうかね。
> 漫画は惰性で満喫でウシジマ君読むくらいでカイジも最近は読まなくなったな。

新聞や雑誌にコラム書いてたし、講演もしてたので使わないと減らなかったんじゃないかなと。
ポルシェ買ったりビル買ったりしてたはず。
No title
就職して最初の上司がナニワ金誘導好きで、金融の知識がつくから読みなさいって言われました。
青木雄二といえば、この国で幸せになりたかったら公務員になりなさい、って言ってましたね。
漫画の中でも公務員といったらもうボッタクリ放題のエサのように書かれていますね、それだけ手厚いのだと。
あの遠近法のヘタなドギツイ画風は漫画を描くプロだとかえってできない業で、それも良かったんでしょうね。
58歳とは早いですが、漫画家はそれだけ体を酷使する仕事なんでしょう。。。
Re: No title
> 就職して最初の上司がナニワ金誘導好きで、金融の知識がつくから読みなさいって言われました。
> 青木雄二といえば、この国で幸せになりたかったら公務員になりなさい、って言ってましたね。
> 漫画の中でも公務員といったらもうボッタクリ放題のエサのように書かれていますね、それだけ手厚いのだと。
> あの遠近法のヘタなドギツイ画風は漫画を描くプロだとかえってできない業で、それも良かったんでしょうね。
> 58歳とは早いですが、漫画家はそれだけ体を酷使する仕事なんでしょう。。。

ちょっと意外かもしれませんが、青木雄二は公務員の経験もあります。
あと神戸の山陽電鉄を皮切りに30回以上転職していて、その職業経験をネタに生かしてますね。
いち労働者から資本家サイドに移行できた稀有な例と本人も言っていたそうです。
ライフワーク?
青木雄二さん、私も好きです。

リタイア後にやっていた仕事は金のためじゃなく本人がやりたくてやっていたんじゃないでしょうかね?
私もリタイアしたら地元のためとか世の中のために何かできたら良いな。とか考えていますが計画倒れになる可能性も高そうです(笑)
Re: ライフワーク?
> 青木雄二さん、私も好きです。
>
> リタイア後にやっていた仕事は金のためじゃなく本人がやりたくてやっていたんじゃないでしょうかね?
> 私もリタイアしたら地元のためとか世の中のために何かできたら良いな。とか考えていますが計画倒れになる可能性も高そうです(笑)

ナニ金では言わせてもらえなかった事を世の中に向けて訴えたかったらしいですね。
でもカビの生えたような唯物論とか聞かされるのは迷惑ですねw
No title
すでに読んでいるかもしれませんが、『青木雄二漫画短編集』も結構おもしろいです。
Re: No title
> すでに読んでいるかもしれませんが、『青木雄二漫画短編集』も結構おもしろいです。

あーまだ読んでないです。今度読んでみます。なんせ絵柄がキツイので読み始めのハードルが高いですw

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最初の「お金本」?(或いは金融リテラシー)
さいもんさんの記事、 「ナニワ金融道」とセミリタイアを拝見し、 懐かしくなったので、「ナニワ金融道」の思い出について少し書いてみます。 ナニワ金融道 文庫 全10巻 完結セッ ...