全然知らなかったんですが、「新ナニワ金融道」のテレビドラマが明日24日にフジテレビ系列で放送されるそうです。

中居正広主演で、なんでも新作は10年ぶりだとか…。

原作となる「新ナニワ金融道」は青木雄二プロダクション制作ですが、青木雄二の没後に連載開始しているので当然本人は関わっていません。

「ナニ金」ファンな私は雑誌連載時からチェックしてたんですが、やはり本人の漫画とは全然違って、あのゴチャゴチャした書き込みがなくて妙にすっきりした画面になってしまっていたので段々読まなくなってしまいました。ストーリーも妙にソフトなんですよね。要はものたりないんです。

最近始まった青木雄二の伝記マンガは読んでますけどね。

それはともかく、青木雄二は50歳代で漫画家を引退してセミリタイア生活に入っています。
wikiによると、「一生暮らせるだけの金は稼いだ、残りの人生は遊んで暮らす」だそうです。

セミリタイア界では先駆者と言えるでしょう。漫画を描くのはゼニのためと割り切っていたため、これ以後は出版社の要請を断り続けて死ぬまで漫画は描いていません。そのかわり講演や本の執筆はしていたので、完全リタイアではなくセミリタイアと言えます。

特に本はかなりの冊数が出ていて、せっかくリタイアしたんだからもっとのんびりしたらいいのに、と当時思っていました。

2003年に肺がんで亡くなってます。58歳。
超ヘビースモーカーだったらしいので仕方ない部分もあるかもしれませんが、もっと長生きして欲しかった人です。

共産主義者?で21世紀に突入してるというのに、大真面目にマルクスの「資本論」を語るような変なおっちゃんでしたね。

関連記事:フジテレビ「新ナニワ金融道」見ました 感想?
関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活