関連コンテンツ

田舎Ingressの楽しみ

Googleの位置情報ゲーム、Ingress(イングレス)の話です。

やっとレベル5になりました。

田舎はポータルの数が少ないので経験値を稼げないのです。東京や京都といったポータル密集地では1週間でレベル8とか聞きますがどこの世界の話だ?と思います。

最近、経験値稼ぎをサポートしてくれるベテランのエージェント(プレイヤーのこと)と知り合って少し稼げるようになりました。
Ingressは味方のエージェントを養成することによって面白くもなるので、こういうことも起こるんですね。

都会Ingressと田舎Ingressは全然別のゲームだと思います。

過疎地ではポータルの少なさから最悪ゲームが成り立たない可能性があります。

ポータルはGoogleに申請することによって増やすことができますが、現在申請が殺到しているため承認されるまで最悪数か月待ちとか…。
この間初めて申請が通ってポータルが増えました。
とりあえず申請が通ることもある、と分かったので近所の神社仏閣、郵便局、図書館などを片っ端から申請して回ってます。

私にとって最近のIngressは山に登ってポータルを申請するゲームになってます。
山頂というのはたいてい何らかのモニュメントが設置されているんですよね。神社とか記念碑とかです。

スタンプラリーのコースを自分で作ってる感じですかね?いい運動になりますよ。



関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク