関連コンテンツ

早期リタイアと「勤労の権利と義務」

すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負う。(日本国憲法27条1項)



子供のころ習ったと思いますが、国民の3大義務というものがありまして、「勤労、納税、子供に教育を受けさせる」の3つですが、これは義務ではありますが強制ではありません。

強制だったら旧ソ連や北朝鮮のような社会主義国です。

大人でも勘違いしている人がいて、この義務規定をもって「早期リタイア者は働いていない、憲法違反だ!」と言う人が居ます。

これは間違いです。
簡単に言うと、憲法は国に対して国民の働く権利を保障する義務を求めているのです。
国は働く権利を保障する、そして国民は保障された権利に対して働く義務がある。
権利と義務は対になってますから、働く権利を行使しないのであれば義務も発生しないわけです。

憲法は国家の暴走を縛るためにあるのであって、国民を縛るためにあるのではありません。
意味もなく「働け、働け」と叫ぶ人は、社会主義的価値観を持っているか、ワ○ミのような企業の経営者か、もしくは苦痛を伴う労働の道連れを求めている労働者だと思ってます。




関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
なるほどね。
あまり考えたことがありませんでしたが、憲法違反とまで言われた心外ですねw
親の遺産で働かないのとはワケが違いますしね。
Re: No title
> なるほどね。
> あまり考えたことがありませんでしたが、憲法違反とまで言われた心外ですねw
> 親の遺産で働かないのとはワケが違いますしね。

ワタミの創業者がそう発言した、というのを聞いてソースを探したらカンブリア宮殿の番組で確かにそう言ってるんですよ。昔の話ですけど、今も考えは変わっていないでしょう。国会議員が憲法の精神を理解していない、もしくは理解する気もないっていうのはどうなんですかね。
勤労の義務がどうこうは関係なく、今の平和ボケ憲法は早く改正してもらいたいですよね。
No title
最後の、苦痛を伴う労働の道連れ、というのが一番当たっている理由だと思います。
結局うらやましいのではないかと、だから早期リタイア者に攻撃的になる。
Re: No title
> 最後の、苦痛を伴う労働の道連れ、というのが一番当たっている理由だと思います。
> 結局うらやましいのではないかと、だから早期リタイア者に攻撃的になる。

建前を全部とっぱらったら、結局そういうことですね。
Re: タイトルなし
> 勤労の義務がどうこうは関係なく、今の平和ボケ憲法は早く改正してもらいたいですよね。

憲法改正は興味ないですね。ただ義務規定は社会主義勢力の横やりで付け加えられたものだということは認識した方がいいです。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント