関連コンテンツ

「アメリカ以外全部沈没」の金融緩和競争

世界的な緩和拡大で円安の推進力低下へ、薄れる「バズーカ」効果

世界的な金融緩和ブームで、相対的に日本の金融緩和による円安誘導効果が薄まっているという話です。

記事にもありますが、ルーブル暴落を食い止めるために利上げしていたロシアですら景気対策で利下げに転じているため、利上げを検討しているのが経済好調なアメリカぐらいしかないという状況です。

自国通貨安競争です。

しかしこれも記事にありますが、日本の場合これまでの円安効果と原油安の影響で企業収益は十分確保できるため、日経平均2万円ぐらいはいけるんじゃないかという楽観的な見通しで、私も概ね同意です。(私はだいたいいつも強気です)

ただし将来のアメリカの利上げによる悪影響を市場がうまく吸収できた場合です。

結局アメリカの景気次第なのはいつも変わりません。

サブプライム問題とその結果のリーマンショックで世界規模の金融不安を引き起こしておきながら、世界に先駆けてガンガン金融緩和したアメリカがいち早く経済回復を達成しています。

日本は黒田日銀の異次元緩和でここ2年ほどは主導権を握ってきたように見えますが、結局最後はアメリカ様次第といういつもの結論になりそうです。

記事タイトルは筒井康隆の「日本以外全部沈没」のパクリです。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
通貨は昔美人投票だったのが今は不美人投票になっている、というのは榊原さんが昔言ってましたね。
今は利下げ、通貨安競争なんですねえ。てことは世界各地でバブルが起こるのかな。
Re: No title
> 通貨は昔美人投票だったのが今は不美人投票になっている、というのは榊原さんが昔言ってましたね。
> 今は利下げ、通貨安競争なんですねえ。てことは世界各地でバブルが起こるのかな。

欧州も新興国も実需が無くて金融政策頼みなんですよね。バブルを起こすには背景が必要で、全世界同時好景気でワッショイワッショイとなるには弱い気がしますね。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント