関連コンテンツ

長期金利上昇、相場に黄信号点灯確認?

日経平均ブル2倍上場投信 (1579)を一部売却しました。2015年もまず一勝で幸先がいいですね。

しかしちょっと相場の方はきな臭くなってきました。

問題なのは長期金利の急上昇(長期国債の価格下落)です。

今年一月中旬に0.2%を割り込んで史上最低を記録した長期金利はそれ以降上昇基調で、本日0.363%をつけました。

ここのところ日銀が再度の金融緩和に消極的という報道が増えてますので、その影響だと思います。

私が長期金利の急上昇を警戒するのは、2013年5月23日の長期金利の暴騰と日経平均の暴落がまだ記憶に新しいからです。

日経平均が一日で1,143円下げた日というと思い出す人も多いと思います。

一般的なレベルの個人投資家は長期金利の推移に無頓着ですが、金利に敏感な投資家ならば長期金利が1%まで上昇した日として記憶しているでしょう。

私もこの時日本株を買っていたので、被害は甚大でした。夏ごろから安いところを拾っていったので最終的に年間はプラスで終われたのですが、精神的にはきつかったですね。

ただし、突然暴落がやってきたわけではなくて、予兆はありました。
それが長期金利の推移で、暴落の約2週間前の5月10日から上昇(国債価格は下落)を始めているのです。

そして5月22日のバーナンキ議長と黒田総裁の発言を受けて、翌日の相場は大荒れとなりました…

基本的に私は年がら年中強気な投資家ですが、2年前の暴落がトラウマになっているのでいつでもブレーキを踏める準備はしておこうと思います。

第1次黒田バズーカから一か月半で暴落が来たことを考えると、第2次バズーカから3か月の現在は微妙な時期ですね…
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
いつか日本が国債を消化できないときが来るんですかねえ。
しかし長期金利が上昇したら変動金利で不動産ローンをしている人もどんどん飛びますね。
もちろん日本の財政も利払いだけで飛びますね。
企業の起債にもプレミアムが増えますからナンもいいことないですな。
Re: No title
> いつか日本が国債を消化できないときが来るんですかねえ。
> しかし長期金利が上昇したら変動金利で不動産ローンをしている人もどんどん飛びますね。
> もちろん日本の財政も利払いだけで飛びますね。
> 企業の起債にもプレミアムが増えますからナンもいいことないですな。

遠い未来(近い?)のことは分かりませんが、長期金利の上昇は株式市場にダイレクトに影響しますので神経質になりますね。
長期金利を自在にコントロールするのは各国中銀の夢ですけど、実際は力技にも限界があるのは第1次黒田バズーカの時に目撃しましたし。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク