関連コンテンツ

配当金生活の元手をどうやって作るか?

お金の稼ぎ方や蓄財の方法というのは人それぞれでしょうから、ここでは私のやってきたことや基本的な考え方を紹介します。

目標は早期リタイアです。

早期リタイアを目標とする以上、元手を作るのも大事ですが、もう2つ大事な事があります。

自分の資金運用能力を育てることと、生活能力を身に着けることです。

そのため元手を作る過程も重要になります。

まず、ある程度の金額までは労働と節約で貯めた方が早いし効率も良いです。

身もフタもありませんが良い条件で長く働くのが最速の資産形成法です。それができれば苦労しないよという私のような人でも、最低限労働市場から資金を得る術は身に着けてください。ニートはつらいです。

また1円稼ぐのも1円節約するのも同じことですから、低コストで生きられるスキルは早期リタイア後にも威力を発揮します。
ぜいたくをするなというのではありません。無駄を見つける目を養えということです。

少額の資金を殖やそうとしてFXや株のデイトレに血道を上げている若い人は多いですが、はっきり言って効率が悪いです。やるなとはいいませんが、早めに見切った方がいいと思います。

業者の提供するシステムトレードもおすすめしません。運よく結果が出たとしても、あなたの運用人生に長期的にはプラスになりません。

投資信託の積立なら少額から始められますが、これもおすすめしません。
蓄財の観点からは有利な積立投資ですが、こと早期リタイアに関しては害があります。
何も考えなくても続けられるため、投資の経験も知識も蓄積されないのです。

上記は常識に反するようですが、もともと30代、40代で早期リタイアしようという人間の生き方が常識はずれなのです。
だから超早期リタイア志向の人には積立投資はおすすめしません。完全な自己責任ですが、次の段階で個別株をおすすめします。

まとめると、ある程度の金額までは労働と節約でためろ、その過程で働く力と節約力を養え、ということです。

長くなったので、その2へ続きます。
次の記事:配当金生活の元手をどうやって作るか?その2
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
私もたまに友人からどう投資するの、と聞かれますが、そもそもこういった人たちは節約の基本が全くできていないことが多く、貯蓄ができなので話にならない事が多いです。まずは節約する事が第一歩だと説明するのですが、なかなか理解されないです。簡単に稼げる方法に行こうとするのが間違いなんですけどね。。。
Re: No title
> 私もたまに友人からどう投資するの、と聞かれますが、そもそもこういった人たちは節約の基本が全くできていないことが多く、貯蓄ができなので話にならない事が多いです。まずは節約する事が第一歩だと説明するのですが、なかなか理解されないです。簡単に稼げる方法に行こうとするのが間違いなんですけどね。。。

貯蓄ができないとスタートラインにも立てないから投資以前の問題ですね。そういう人に限ってFXやデイトレに興味を持ちますしね。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント