関連コンテンツ

配当株の基本的な考え方

私のたった一つの楽しみをご存知ですか?それは配当が配達されてくるのを見ることです。
ジョン・D・ロックフェラー(1901年)
出典「ピーター・リンチの株で勝つ」


高配当株の多くが低成長株なので、銘柄選択や買うタイミングは比較的単純です。
利益成長をあまり考えなくて良いからです。
基本的な考え方として、

「あてにならないものは、あてにしない」

というものがあります。将来の業績予想は一番あてになりません。

過去の最悪期の配当実績を調べてみるのは良い方法です。
幸い?リーマンショックという最悪期があったので、そのとき配当支払がどうなったのか確認しましょう。
トヨタ(7203)ですら減配しているので、この時も減配や無配になっていなかったらある程度信用できます。

配当利回りを基準にして株を買うからには、どんな理由があっても配当を減らす株を積極的に保有する理由はありません。
ここは絶対に譲れない所です。

この考え方からすると、景気循環株とか市況関連株と呼ばれる株は真っ先に候補から外れます。

代表例は総合商社です。高配当株としてNISA(ニーサ)口座では一番人気のひとつですが、市況の盛り上がりを期待して買うのならともかく、安定配当を狙って買うのなら完全にお門違いです。

銘柄選択としてはなるべく好不況の影響を受けにくいセクターがいいです。安定配当につながります。

買うタイミングとしては、絶対的な基準で配当利回りが高く割安になった時です。
絶対的に安い基準で買うことができれば、万が一暴落しても納得して買い増しできます。
ありえない暴落というのは結構な頻度であります。

相対的な基準で買うとかならず相場下落時に後悔します。

ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
市況に左右されず、とディフェンシブ銘柄だと電力とかイメージしますが、東電みたいなこともありますもんねえ。何が起こるか分からない。
数多く分散するのが基本ですか。
Re: No title
> 市況に左右されず、とディフェンシブ銘柄だと電力とかイメージしますが、東電みたいなこともありますもんねえ。何が起こるか分からない。
> 数多く分散するのが基本ですか。

従来の教科書的に言うとディフェンシブ銘柄はインフラ、食品、製薬といったセクターですが、現在はどれも当てにならないですね。新時代のディフェンシブ銘柄はなんでしょうかね。
ソフトバンク以外の通信株とREITはどうでしょう?
Re: タイトルなし
> ソフトバンク以外の通信株とREITはどうでしょう?

NTTとauは独占企業なのでインフラ株。
リートは金融株。銀行や証券と一緒。
こんにちは。先ほどツイッターでリクエストを頂いた物です。投資は初心者です。
今まで商社は高配当で良い株!と思っていたのですが、かなり浅知恵だったと実感しました。買い増しはよく考えてからにします。

無料とは思えない内容でとても感動しています。ありがとうございます。
もっと過去の物も読ませて頂きます!銘柄紹介などあるのでしょうか。
Re: タイトルなし
> こんにちは。先ほどツイッターでリクエストを頂いた物です。投資は初心者です。
> 今まで商社は高配当で良い株!と思っていたのですが、かなり浅知恵だったと実感しました。買い増しはよく考えてからにします。
>
> 無料とは思えない内容でとても感動しています。ありがとうございます。
> もっと過去の物も読ませて頂きます!銘柄紹介などあるのでしょうか。

ありがとうございます。銘柄紹介はあまりしてませんね。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント