関連コンテンツ

「バカになって買え」と言うけどバカにならないと買えないのか?

相場が活況になって一方的な上昇相場になってくると、株を持ってないと損をしたような気になってきます。
機会損失(これも変な言葉だが)という奴です。

2ちゃんねるの市況板とかTwitterなどの即時性のあるメディアでは、「バカになって買え」とか「買って寝てるだけで儲かる相場」とか「買ってないバカはまさか居ないよね?」とか煽るような書き込みが増えてきます。

確かにもの凄い勢いで上昇している相場に飛び込んでいくのは勇気がいることだと思います。
誰だって高値掴みして自分だけババを引きたくないですからね。

しかし、そもそも投資するのにそんな勇気を発揮する必要があるのでしょうか?
買い時だと思えば淡々と買って、暴落が怖ければ逆指値でも入れとけば済むハナシです。寄らずのストップ安が怖ければ日経平均でも買ってればいいでしょう。リーマンショック級の暴落でなければ売りたい所で売れます。

結局少しでも安く買いたい、少しでも高く売りたいという欲ボケな心が投資のハードルを上げているだけです。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント