あたりまえだが収入が支出を上回れば貯蓄=資金ができる。
人より早くリタイアするためには、この貯蓄=資金づくりのスピードをどこかで加速させる必要がある。
収入を増やすか、支出を減らすか、その両方か。

私の場合は、まず無駄な支出を削った。
ここまでは普通でいいのだが、収入を増やすために株取引で大きなリスクをとった。

成長株への一点投資や信用取引などのハイリスクな手法。
10年間のトータルでは大幅なプラスになったが、破産していてもおかしくない手法である。

実際に追証がかかったこともあり、数千万の含み損を抱えた時期もあった。
やってきた無謀な取引を考えれば、生き残っただけでも幸運と思わなければならない。
最初から配当株投資をやっていた方がパフォーマンスはともかく精神的な負担は低く再現性は高かったもしれない。

ただし、私の場合は収入が安定していたことと、節約により支出をコントロールできていたのが強みだった。
これにより株式市場から閉めだされずに済んだ。

私に特殊な投機の才能はないと思う。
収入を増やすのは人それぞれの問題があるが、支出のコントロールはやろうと思えばだれでもできる。
金銭管理能力はリタイアできる人の必要最低限の資質だと思う。


リバモアの株式投資術 (ウィザードブックシリーズ)




関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活