関連コンテンツ

FXは24時間営業の自宅卓上スロットマシーン

日本国内の一般的なギャンブルの控除率は以下の通りです。

競馬等の公営競技 20~30%
宝くじ 55%
toto 50%
パチンコ 不明(推定10~15%)

こうして見ると宝くじ系や競馬の控除率が凶悪すぎて、パチンコが良心的なギャンブルに見えてきますがひとつ落とし穴があります。

試行回数の問題です。
控除率がいかに低くても、期待値がマイナスであるかぎり試行回数を増やせば増やすだけ確実に負けが積もっていきます。

宝くじは55%という人類史上最凶の控除率を誇りますが、それでも宝くじで破産したという話は聞きません。
例えば年末ジャンボ宝くじは年末にしか売ってないからです。季節ごとになんらかの宝くじを買ったとしても試行回数は年4回にすぎません。

その点パチンコは原則毎日遊べます。しかもどんな田舎町にも駅前に最低一軒ぐらいは営業してるでしょう。
敷居の低さは特筆すべきものがあります。

この状況ではパチンコの控除率が低めに抑えられたとしても、依存症になるほど試行回数を増やせるので破産する人が出てくるのは当然です。

ところで日本には試行回数が無限大に近く増やせる24時間営業のギャンブルがひとつだけ存在します。

そう、FXです。

FXの控除率は他のギャンブルに比べて非常に低いです。
これは腕自慢の(あるいは依存症の)ギャンブラーにとって魅力的です。

ギャンブル強者にとっては勝てる可能性の最も高いギャンブルであることは間違いないでしょう。また依存症のギャンブル中毒者にとっても細く長く負けられる魅力的(?)なギャンブルです。

しかしどんなに控除率が良心的でも期待値がマイナスであることは変わりません。
レバレッジの問題ではないのです。
そしてあなたの自宅の卓上には24時間営業のスロットマシーンが設置されているかもしれません。

あなたの自制心しだいでは試行回数は無限大に膨れ上がります。
それがどれだけ危険なことかは言うまでもありません。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

え?
>それでも宝くじで破産したという話は聞きません。

聞きますよ?宝くじに『当たって』金遣いが荒くなって破産したと言う話www


パチンコも昔は台によっては期待値がプラスの台もあって、そういう台だけ打ってれば勝てた時代もあったんですけどねぇ・・・
今は・・・┐(´∀`)┌
Re: え?
> >それでも宝くじで破産したという話は聞きません。
>
> 聞きますよ?宝くじに『当たって』金遣いが荒くなって破産したと言う話www
>
>
> パチンコも昔は台によっては期待値がプラスの台もあって、そういう台だけ打ってれば勝てた時代もあったんですけどねぇ・・・
> 今は・・・┐(´∀`)┌

なるほど、思いつかなかったのが少し悔しいですね。

時代を問わず期待値プラスの台を探して打つのがパチプロと言えますが、その情熱を他に向けた方がいいだろうと思います。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント