関連コンテンツ

「株主優待」と「ふるさと納税」は本当にお得なのか

この問題はなかなか議論がかみ合わないことが多いです。

優待品やふるさと納税の特産品が欲しいという気持ちは理屈ではないからです。

純粋に資産運用の点から考えればお得ではないと思います。
タダでくれるならともかく、取得に少ないとはいえ経費が掛かっているので総資産が減少します。

しかしわずかな経費で好きな優待品や特産品がもらえるのは満足度は高いでしょう。
それは趣味の問題ですので文句はありません。

私個人に限って言うと、欲しいものは買います。
いらないものはタダでもいりません。

ですので優待や特産品を欲しいという欲望を感じたら、それは自分でカネを払ってでも欲しいものか?ということを基準に考えたらよいでしょう。
お得だから取得する、というぐらいの感覚なら経費と労力の無駄だからやめた方がいいと思います。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
米はかなり実用的だからイイですよ。30kg近くもらいました。鬼太郎ビールも満足度高かったかな、Tポイントも完全にモト取れるかと。あまおうのイチゴは、、、カネ出して買ってもよかったかな。来年の教訓にしますよ。
Re: No title
> 米はかなり実用的だからイイですよ。30kg近くもらいました。鬼太郎ビールも満足度高かったかな、Tポイントも完全にモト取れるかと。あまおうのイチゴは、、、カネ出して買ってもよかったかな。来年の教訓にしますよ。

ふるさと納税は確定申告がちゃんとできなくて本当にただの寄付になってる人が多かったらしいですね。
来年からは改善されるんでしたっけ。

実利だけを考えるとどうしても換金性の高いチョイスになります。
ふるさと納税の趣旨を考えたら、都会に住んでいる人が故郷に寄付する形が美しいと思うんですけね。
No title
よく行くお店の株主優待をもらっています。
まぁ、優待券がなければ、行く回数は少なくなるかもしれませんが、私としては、資産運用の1つとして、継続しています。
Re: No title
> よく行くお店の株主優待をもらっています。
> まぁ、優待券がなければ、行く回数は少なくなるかもしれませんが、私としては、資産運用の1つとして、継続しています。

そ、そうですか。
そう言われては私としては何も言うことはありません。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント