関連コンテンツ

情報商材の世界~情報商材の詐欺率は何%?

私は情報商材そのものには1ミリも興味がないのですが、情報商材を売ろうとする人、情報商材を買おうとする人には昔から興味がありました。

物の値動きには人間の心理が密接に絡んできますから、相場を知ろうとするなら詐欺の手口を研究することは非常に益があるのです。相場の研究は人間の研究でもあると言えます。

情報商材とは、情報の内容そのものが商品となるものです。ジャンルは色々ありますが、ここではギャンブルや投資、アフィリエイトなどの「稼ぐ系」に話を絞ります。

まず情報商材の詐欺率ですが、これは9割以上と言われています。
しかし私は本当は詐欺率には興味がありません。

のこりの1割も高額の値段に見合った価値は無く、ただ詐欺ではないというだけの物だからです。ノウハウ系ならおそらく10分の一から100分の一の値段で同様の内容の専門書籍が買えると思います。
情報商材そのものは9割が無価値で残り1割がぼったくり商品だと言い換えてもいいでしょう。

なぜこういった商品を売ったり買ったりする人が存在するのかはもう、「人間だから」というしかありません。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
「配当金」で検索しヒットしたので来ました。
多くの記事をとても興味深く読ませて頂きました。
Re: No title
> 「配当金」で検索しヒットしたので来ました。
> 多くの記事をとても興味深く読ませて頂きました。

記事数が増えてきたので検索から来てくれる人も増えましたね。
ありがとうございます。
No title
そういえば情報商材に興味を持ったことってないなあ。
儲かる話をたとえ有料でもわざわざ人に伝える必要はないですもんね。
Re: No title
> そういえば情報商材に興味を持ったことってないなあ。
> 儲かる話をたとえ有料でもわざわざ人に伝える必要はないですもんね。

まあそれが全てですね。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント