本日やっと大塚家具(8186)の勝久会長からお手紙が届きました。

内容については、わざわざ専用のホームページが設けられたので株主でない人も閲覧できます。
株主の皆様へ

なんというか感情が丸出しで、株式投資を10年以上やってますけど、こういう文書を受け取ったのは初めてですね。

>しかしながら、私の思いは一切通じず、大塚久美子社長は、2月25日の取締役会において、自らのクーデター行為を改めて正当化したうえで、独断的な取締役選任議案を強行採決いたしました。これは、経営を担う社長として本来もっとも重視するべき企業価値の源泉や経営理念、社会的な存在意義、責務などを全く無視し、従業員の思いをも踏みにじる行動でございます。

委任状用紙の返送は3月24日が期限なので、それまでゆっくり考えましょうか。
現物株は今日売ったので、来年はもう株主じゃない可能性が大ですけどね。

あと先週買い増した信用分が問題だけど、まだ株主総会までに動きの1つや2つはあるだろうからそれを待ちますか。

一部で80円や120円の配当が問題視されているみたいですが、株主からすると問題ないどころかやっと正常な株主還元の仕組みが機能し始めたにすぎないと思うんですよね。そのために株主はインサイダー事件を起こした会社の株を保有するというリスクを取っていたんだから。

使い道のない現金は配当か自社株買いで株主に還元するのが当然で正義ですからね。配当余力からすると120円どころか160円でも200円でも可能だし、久美子社長側もまだあえて余力を残しているのかもしれません。このまま黙っていると勝久会長側の勝ちですから。

負けた方が全てを失うとしたら、出し惜しみをしている場合じゃないはず。この父娘間には家族の情というものを感じませんので、劇的な和解という結果もなさそうだと思います。投資家としては冷静に数字を検討して粘り勝ちを狙いたいところです。
関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ