関連コンテンツ

早期リタイア初年の3大支出とは?税金と保険と年金

1 住民税
早期リタイアによって所得がゼロか半減した状態では所得税の負担は減りますが、住民税はきっちり払わなければいけません。しかも昨年の年間所得にかかってくるので早期リタイア初年はキツイです。

2 国民健康保険
一番キツイのはこれでしょう。
在職中の社会保険の医療保険からの任意継続制度があるので安くなる方を選択して下さい。保険の内容はだいたい一緒です。
問題なのは退職によって所得がゼロか半減した状態でも昨年の所得で納付額が計算されることです。
高額所得者の場合はマックスで81万円(!)です。
給与所得者の場合は事業者が折半してくれていましたが、早期リタイア後は全額自己負担です。

サラリーマンは色々天引きされるから損だと考えている人がいますが、とんでもない話です。サラリーマンは手厚く保護されたお得な身分なのです。

3 国民年金
厚生年金又は共済年金に加入していた人は国民年金に切り替えになります。手続きは自分でやらなければなりません。
給与所得者の年金は「国民年金+2階建て、3階建て部分」という構造なので、本来は切り替え手続きの必要はないはずですが、やらないと役所の手続きが遅れるのでさっさと済ませた方が良いです。

私の経験ですが、自治体の役所での手続きから別組織の日本年金機構へ処理が回される関係上、反映に時間がかかります。転居などが絡むとなおさらです。退職後すみやかに手続しましょう。
退職によって納付額が増えるわけではありませんが、収入が減った中で今まで給料から天引きされていた保険料を自分で払うので相対的、精神的な負担は大きいです。

とにかくキツイ話しかない3大支出ですが、どうせ払わなければならないものなら、少しでも減らす努力をしましょう。
任意継続制度や前納制度を利用して納付額を減らすことができます。

特に精神的に大きいのはクレジットカードやナナコ払いでポイント還元を受ける方法です。
ポイントがもらえて嬉しい、とポジティブに考えることによって気持ちよく(?)払うことができます。

クレジットカードはカードによって還元率に差があります。
一般的な還元率は0.5%から1%ですが、大金だけに還元率の差は重大です。
還元率が1.2%から2%と破格なリクルートカードをお薦めします。

煩雑なクレジットカードの管理はマネーフォワードを推奨します。

過去の関連記事:8のつく日はイトーヨーカドーでナナコカード発行手数料300円が無料になる
過去の関連記事:国保の納税通知書が来た!
過去の関連記事:国民年金保険料を納付してきました(セブンイレブン店頭)
過去の関連記事:無職必見!?国民年金保険料の納付方法について
過去の関連記事:退職者必見、複雑な国民年金保険料の納付方法について
過去の関連記事:「ねんきんネット」に登録申請しました
カテゴリー:マネーフォワード
カテゴリー:クレカ談義
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
健康保険はかなりきっついと思うのですが、奥さんが自営業を続けているであろうなので、奥さんの扶養に入ってしまおうかなと思っているんですよね。
No title
国民健康保険は、負担感の重さからすると、それほど所得の高くない年収300万円程度の人が、最もきついのではないでしょうか。

高額所得者の場合はマックスで81万円でも、例えば、ふるさと納税の金森さんでも、国民健康保険加入者ならマックス81万円で、安すぎると思います。

配偶者等がいる場合等で、割安になる度合いが極端に違うのもおかしな点です。
実例は殆どないと思いますが、年収1億円の夫+1億円の妻の高額所得者ダブルインカムでも、二人とも国民健康保険の場合は、合計約81万円で済みます。

配当所得のみの場合も、翌年以降は最低水準で済むので、一応安いと見るべきだろうと思います。

予想で心配しても仕方ないですが、マイナンバー制度やピケティの資産課税みたいな話も話題になっているので、金融資産保有や配当所得の場合等の値上がりがありそうで懸念しています。
Re: No title
> 国民健康保険は、負担感の重さからすると、それほど所得の高くない年収300万円程度の人が、最もきついのではないでしょうか。
>
> 高額所得者の場合はマックスで81万円でも、例えば、ふるさと納税の金森さんでも、国民健康保険加入者ならマックス81万円で、安すぎると思います。
>
> 配偶者等がいる場合等で、割安になる度合いが極端に違うのもおかしな点です。
> 実例は殆どないと思いますが、年収1億円の夫+1億円の妻の高額所得者ダブルインカムでも、二人とも国民健康保険の場合は、合計約81万円で済みます。
>
> 配当所得のみの場合も、翌年以降は最低水準で済むので、一応安いと見るべきだろうと思います。
>
> 予想で心配しても仕方ないですが、マイナンバー制度やピケティの資産課税みたいな話も話題になっているので、金融資産保有や配当所得の場合等の値上がりがありそうで懸念しています。


確かに年収300万以下の低所得者層が一番社会保険料の負担を感じると思います。
生活保護との逆転現象も起こってくるのでまさに働いたら負け的な状況です。

世帯年収2億円は極端な例ですが、社会保険料に上限があるのは当然だと思います。その分累進課税制度がありますし、資本主義社会である以上これ以上の累進性は必要ないと思います。

ふるさと納税の人にしろ高額所得者で課税が多いからこそあれだけバカみたいに寄付する余地があるのですし。
私は所得がゼロに近いのでふるさと納税には全く興味がありません。

資産課税的なものは心配してません。政治は支持者の数で決まるので、今の老人層に不利な政策は採用されません。あるとすればその時は革命的な状況になっているでしょうから、別の心配が必要でしょう。

Re: No title
> 健康保険はかなりきっついと思うのですが、奥さんが自営業を続けているであろうなので、奥さんの扶養に入ってしまおうかなと思っているんですよね。

扶養に入れるのはいいですね。早期リタイアとしては特殊な部類になると思います。
零細自営業は社会保険料の負担が一番重いので制度を利用して工夫しないといけないと思います。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント