大塚家具、久美子社長側に経営権 株主総会で決定

>親子間で経営権を巡る対立が続いていた大塚家具は、27日開いた定時株主総会で大塚久美子社長らを取締役に選任する会社提案を可決した。父親で創業者の筆頭株主、大塚勝久会長らを取締役に選任する株主提案は否決した。

事前報道よりもさらに久美子社長側の大勝という形で決まりました。
株価は大荒れとなりましたが、結局前日比マイナスで終了。


私は専業投資家でありながら普段はザラ場は見ないのですが、今日ばかりは朝から監視しました。
信用買いの分の株をまだ持っていて、株主総会当日の売り抜けを狙っていたのです。

株主総会は10時開始で議決はおそらく午後ということで、こちらも監視です。
テレビやWebでの中継は無いので、Twitterでの実況中継を見てました。

午後1時過ぎの議決発表の後は値幅200円以上の殺人的値動きがありましたが、なんとか平均1685円ほどで売り抜けられました。非常に疲れました。
また粘ったわりには信用分の儲けは微々たるものでした。すでに売却している現物分の儲けの方が大でした。

いずれにしてもこれで大塚家具(8186)の持ち株はゼロになりました。
大塚家具(8186)の騒動はまだまだ続くでしょうが、私はここでひと区切りをつけました。
当分キャピタルゲイン狙いの売買は休んで、春休みに入りたいと思います。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ